ユーロ円乱高下。まさかのリバウンドで損切りさせられる

ユーロ円の値動きはえげつないですね。
ユーロ円ショートボジションを投げらされて、かなり上昇しています。
よねの全力ユーロ円ショートポジションの含み益がどんどん減っていってます。

ユーロ円窓閉め狙いのトレードもすぐに損切り

いやー、トレードでタラレバは厳禁ですが、トレードすればするほど資産が減っていきますね。
ユーロ円の乱暴な値動きに相場がメチャクチャですね。
チャートが汚くてテクニカルもわからない状態。
まあ、こういうのって、後から見たらテクニカル通りってことはあるんですけど。

よねは、今朝からの大きな下げは想定外でしたが、欧州時間で下落を想定していました。
窓を開けて下落したら、窓を閉めにきたところで、戻りを叩こうと窓閉めラインあたりに指値を注文していました。
まあ、閉めに来なければ、既に保有のユーロ円ショートの利益が乗ってくるので、良しとしていました。

結果は、まさかの窓閉め後の暴騰。
さすがにこの値動きは想定外でした。
損切りが早くて損失の拡大は防げましたが、損切りをいれていない人は、かなり踏み上げられているのではないだろうか。
やはり損切り注文はいれないとダメですね。

損切りした後の下落だとへこみますが、さらに暴騰となると損切りは仕方ないと納得出来ますね。
ということで、損切り画像はこちら。

image

ユーロ円戻り売り狙いも証拠金足りず

これからのよねのトレード戦略ですが、やはりユーロ円は戻り売り狙いで、ユーロ円ショートポジションをどこかで保有したいですね。
ここは損切りが続いていますが、熱くならず冷静に対応したいと思う。
トレンド転換でなく、リバウンドだと考えたいるので、上昇しきったところで売りたいですね。
まあ、天井を狙って売るのは不可能と割りきっているので、下がり出したところですかね。

といいながら、損切りが続いたため、口座を確認するとフルレバレッジのポジション保有中で新規注文が出来なくなってました、、、

うーん、やはりFXトレードの基本はレバレッジは低くしないとですよ。
まあ、よねの今のトレードの場合は、利益が出ているところでのピラミッティング的なトレードだから良いのです。
ナンピンではないので。

ということで、強制的様子見ですね。
まあ、その方が良いのかも知れない。
少し熱くなって、ユーロ円ショートに少しこだわりがでてきていたかもしれませんし。

さて、ユーロ円どうなるか。
どちらにしても、相場が動くのはわくわくしますね。
損切りになってもこれでは、もしかしてFX中毒なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA