FXのMT4稼働環境VPS「ABLENET」を契約

MT4を使ったシステムトレードを始めるべく準備をしています。
利用するFX業者は外為ファイネストに決めました。
以下の記事に詳細を書いてます。

MT4で自動売買システムトレードをはじめてみる!

次はVPS(Virtual Private Server)を準備しようと思います。

VPS(Virtual Private Server)とは

そもそもVPSという単語に馴染みがない人が多いと思うので書いておくと

バーチャル・プライベート・サーバ(仮想専用サーバ、英語:virtual private server、略称:VPS)とは、一台の物理的なサーバコンピュータ上で仮想的なサーバコンピュータを何台も起動する技術(仮想機械; Virtual Machine)によってつくられた仮想的なサーバコンピュータである。

システムトレードは24時間売買するため、パソコンをずっと起動しておく必要があります。
家にあるパソコンを動かしておくというのも悪くないんですが、場所をとったり子供たちにいじられたりする可能性がありますよね。

そこで、インターネット上でいつでも使えるパソコンがあればそんな心配がいらなく、便利ですねってことで、VPSでそれを実現します。

まあ、ざっくりに言えば、VPSサービスを利用すれば、

インターネット上に自分のWindowsマシンが持てる!

つてことですね。

レンタルサーバ業者のVPSを利用すれば月額数千円で仮想Windowsのディスクトップが使えて、そこにMT4をインストールすれば、システムトレードが24時間365日出来るというわけです。

正確に言えば、土日は為替相場は開いてないですが。

毎月お金がかかりますが、VPSを利用することに迷いはありませんでした。
トレードでもっと大きい利益をあげようとしているんですからね。
その辺をケチってはいけません。

自宅でPCで動かしておくという方がリスクがあると思いました。
インターネット上のPCであれば、スマホからも確認出来たりしますし。

VPS比較

ネットでFXトレードするVPSを調べてみると、「お名前.com」と「ABLENET」が出てきます。
FXでVPSを利用する場合、どうやらこの二択になるようです。

FXで利用する場合、24時間使用しているため、サーバが停止するメンテナンスも為替市場が開いてない土日に行われた方がよく、先に挙げた二つはその辺のFXを考慮してくれているようです。

MT4でサーバのスペックを考えないといけないのはメモリですね。
ディスク容量はほとんど使わないので、気にする必要はありません。

MT4を2~3程度を稼働させるぐらいなら、メモリが一番低い(料金が一番安い)サーバで良いようです。

お名前.com デスクトップクラウド for FX

サービス名に「for FX」とあるぐらいに初心者には楽にFXが始められるようです。
なんとMT4も始めからインストールされているんですね。
まあ、MT4のインストールはそこまで難しくはないですけどね。

次にあげる「ABLENET」と比べると数百円程度ですが、少し料金が高いんですよね。

年間で考えるとそれが大きくなってきます。
MT4がインストールされてるって言っても全然難しくないてすし。

一番安いメモリ1GBのサーバの月額の料金は以下になります。

  • 2,400円(1ヶ月契約)
  • 2,240円(6ヶ月契約)
  • 2,160円(12ヶ月契約)
  • 1,781円(24ヶ月契約)

また、「お名前.com」は、株主優待を使えば料金を安くすることが出来るようです。

GMOインターネットの株主優待を使うと、半年に1回5,000円まで割引することができるので、半年で5,000円、年間だと10,000円ですね。

よねは、株を保有するお金もなかったのですが、株主優待が使えるなら、「お名前.com 」はかなりお得ですね。
今後トレードで利益をあげて、株主優待狙いで株主保有を考えたいです。

お名前.com デスクトップクラウド



ABLENET VPS

「ABLENET」はエイブルネットと呼びます。
「お名前.com」に比べると知名度はありませんが、実はかなり前からある老舗の会社なんですね。

ここは、なんと言っても他のレンタルサーバに比べて安いってとこですね。

「どうせ数百円の差ならトレードで利益出せば良いじゃん」と言われちゃいそうですが、押さえられるところは押さえた方が良いということで、よねはこちらのレンタルサーバでシステムトレードをしています。

評判も悪くありませんし、MT4のインストールも簡単ですし。

一番安いメモリ1GBのサーバの月額の料金は以下になります。

  • 1,981円(1ヶ月契約)
  • 1,791円(6ヶ月契約)
  • 1,600円(12ヶ月契約)

「お名前.com」に比べると少し安いですね。

ABLENET

本契約と同じように申し込んで、お試しが10日間あります。
気に入れば、申込み時に手続きが出来ていますので、メールで届いたWebから承認ボタンを押せばすぐに継続出来る感じです。

AWS

Amazon AWSの仮想サーバーサービスであるEC2を使えば、一年間の無料枠があるため、料金が安くなるらしいです。

かなりのIT知識があるなら、ここのサービスを使ってMT4の環境を作るのが一番安いようです。

勉強もかねて、ここにしようと思ったのですが、ただ料金体系がかなり複雑なので、使いすぎるとすぐ課金が発生するので注意が必要です。
そんなこともあって、いろいろ使い方に気を使う必要がありそうだったので、やめました。

興味がある人は以下のサイトがよくまとめられていました。

参考 MT4とEAを使った海外FXの自動売買環境をAWSに構築!資産運用で不労所得を得る副業にもなりMac使いにもオススメ!LifeStyle Lab

ABLENETの申し込み手順

以下のサイトが大変参考になりました。

上記のサイトを参考にすれば問題ないのですが、ここでも簡単に説明をしておきます。

▼ABLENETサイトのトップページですが、ここからVPSの仮想ディスクトップの申し込みページにいきたいのに、わかりづりいんですね。なかなかたどり着けないんです。

よくわからなければ以下のリンクから行けばVPSの仮想ディスクトップの申し込みページにいけます。

https://www.ablenet.jp/vps/index.html

▼VPSの仮想ディスクトップ申し込みページから、「仮想ディスクトップ お見積り、お申し込み」リンクボタンをクリックする。

▼新規お見積り・お申し込みページから、情報を入力していきます。
「Win1 SSDプラン」を選択。

▼情報を入力し、「規約に承諾し、契約期間、オプション選択へ進む」ボタンを押下する。

▼「サーバー契約期間」は「年払い 最大23%Off」を選択。
トレードは年単位のトータルで利益を出すことを考えないとダメですからね。

▼見積り内容が表示されるので、内容を確認する。

▼「WindowsServer初期OS」は「WindowsServer2008R2」を選択します。

これは「WindowsServer2008R2」だとOSのメモリ消費が少なく稼働できるからです。
MT4を動作させるのにそれほど良いOSでなくても問題ないんですね。
そもそもMT4か登場したのが随分前ですからね。

▼名前、住所、メールアドレス等を入力します。

▼上手順で入力した内容を確認します。

▼クレジットカード払いを選択した場合、クレジットカード情報を入力します。

▼最後にアンケートを入力します。
これは任意のようです。

申し込みを確定すると登録したメールアドレスに以下のメールが届きます。

++++++++++ ABLENET VPS お申込み受付けお知らせ ++++++++++

この度はABLENET VPSサービスをお申込みいただきまして、誠に有難う
ございます。 下記の通り、お申込みを受付けましたのでお知らせ致し
ます。

なお、お申し込み時にお客様の入力されました項目を最後に添付して
ございますので、念のためご確認下さい。

========================================================
受付日………… 2018/10/17
受付番号………. an201810177428884552
お支払方法…….. クレジットカード払い(試用期間あり)
========================================================

サーバーの準備が整い次第、「設定完了および試用について」をお知らせ
するメールをお送りいたします。

この中には、ABLENETをご利用頂く上での情報や試用に関する注意事項
が記載されておりますので、熟読の上サービスをご利用ください。

※お申込みプランや選択OSなどによっては、サーバーお引渡しまで多少の
 お時間を頂戴することがございます。特に「WindowsServer」をお申込みの
 場合、インストールを完了してお渡しするため、30〜90分、状況によっては
 それ以上を要する場合がございます。
 予めご了承下さい。

※迷惑メールフィルタを利用されている場合、弊社からお送りする
 設定完了通知等の案内が振り分けられてしまう場合があるので
ご注意願います。

【ご利用料金/試用と本契約移行について】
 今回、ご試用お申込みのため、この時点ではクレジットカードへの課金
 はされておりません。(クレジットカードの有効性のみ確認済)

 お申込み料金は初期費用と前納ご利用料金をあわせて(税込 22680円)
 となり、本契約移行時には、この料金をクレジットカードへ課金させて
 いただきます。

 ご試用期間(最大10日間)中の「キャンセル」または「本契約への移行
 手続き」がないままでご試用期限を過ぎた場合、ご試用サービスの提供
 を終了し、サーバーを廃止させて頂きます。(課金はおこないません)

【ご利用店名について】
 カードご利用明細のご利用店名欄には「KK-NET」と記載されます。
 ※[ABLENET]ではございませんのでご注意下さい。

本お申込みに関するお問合せの際に必要となりますので、このメール
は大切に保存してくださいますようお願い致します。

——————————————————–
お客様 受付内容詳細
——————————————————–

プラン名 : Win1 SSDプラン (年払い)
ドメイン名 :
初期OS : WindowsServer2008R2

お申込者様情報

/// ABLENET ホスティング
/// vsales@ablenet.jp

30〜90分、状況によっては
 それ以上を要する場合がございます。

とメールにはありますが、ちょうど30分後に以下のメールが届きました!

よね様

この度はABLENET VPS「仮想デスクトッププラン」にお申込みいただきまして
誠に有難うございます。VPSサーバーの設定が完了し、ご試用頂く準備が整い
ましたので以下の通りご案内致します。

なお、本メール内に【ご試用、契約移行に関する注意】を掲載しており
ますので、必ずご確認くださいますようお願い致します。

*English version is here.
http://www.ablenet.jp/vps/support/email_en.html#1a

========== 契約(試用)情報 ==========

最後に

10日間お試し期間になります。
期限が近づくと以下のメールが届きました。

よね様

ABLENET VPSサービスをご利用いただきまして誠に有難うございます。
ご試用頂いておりますVPSの試用期限が近づいておりますので、
ご案内申し上げます。

================= 契約(試用)情報 =================

====================================================

前にご案内させて頂きました通り、利用継続(本契約移行)を
希望される場合は試用期限内に

 ABLEパネルホーム ->「本契約への移行 / 試用期間中のキャンセル手続きへ
すすむ」 ->「本契約移行」

からお手続き下さい。

ABLEパネル
https://vpsadm.ablenet.jp/

本契約移行時には、お申込み料金をクレジットカードへ課金させていただきます。

試用期限内にお手続きのない場合、試用期限終了の翌営業日には
サービスを終了し、VPSを廃止させて頂く事になりますので、
ご注意・ご了承下さいますようお願い致します。

本件やご試用中のサービスについて何かございましたら、
遠慮なくご連絡ください。
以上 何卒よろしくお願いいたします。

継続すると以下の確認メールが届きます。

*** 試用期間終了手続き受付のお知らせ ***

よね様

ABLENET VPSをご利用いただき有難うございます。

下記の通りサポート宛のメールをお受けしましたのでお知らせ致します。
回答まで今しばらくお待ち頂きますようお願いします。

最後に以下の確認メールが届いて正式に契約となります。

よね様

この度はABLENET VPS(仮想デスクトッププラン)料金のお支払いをいただきま
して誠に有難うございます。これより「本契約」によるサービス開始となり
ますので、以下の通りお知らせ致します。

次は、いよいよFX業者の本契約ですね。
FX業者は外為ファイネストに決めています。

外為ファイネストのリアル口座開設!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA