会社を辞める後輩に思うこと

後輩が会社を辞めた。
後輩と言っても、2、3年目の新人レベルではなく、15年近くのベテランだ。
別の業界への転職のようだったが、年収が半分近くに落ちるらしい。
しかも、奥さんと子供もいて、引っ越しもするようだ。

ほんとの辞める理由は聞くことは出来なかったが、久しぶりにショックだった。
年齢も近いし、後輩とはいえ一年下なので、勤続年数もほぼ同じで他人事ではないほど自分の状況に似ていたから。

そういえば、最近自分の所属の2、3年目の後輩が辞めている。
正直、年齢が若く、奥さんや子供がいないのであれば、また、理由が転職であればあまり驚きがない。
自分も3年目ぐらいは転職を考えていたものだ。
今のご時世、転職は珍しくないし、とくにシステムエンジニアの業界は良く聞く話だ。
フリーで働いている人とざらにいるし。

自分は会社を最近辞めようと思うことはなくなった。
年齢やら何やらで、なかなか会社を辞めるっていう選択が難しい。
今なら会社を辞めないですむ方法を考えると思う。
その後輩の積極的な行動が羨ましくも思った。

会社がつまらなければ、自分で面白くすれば良い

image

自分は今から会社を辞めるのも、ましてや別の業界へ転職してなんてもはや考えられない。
まあ、この今いる業界は好きだし、同じ業界であれば、どの会社へ移っても同じと考えてしまうということもある。

それにしても、年収が半分近くになってまで今の会社をやめたいっていうのにも改めてショックを受ける。
自分が所属する会社が、そんな辞める対象になっていることになるから。

会社を辞める理由なんて様々と思うが、15年近くその会社に勤め、年収が半分になっても良いから転職するというのは、よっぽど魅力がない会社になるのではないか。

会社がつまらなければ、自分で面白くすれば良い。

自分も若いときは会社がつまらなければ辞めてしまえば良いと思ったりもしたが、今は自分の会社で面白くしようとするだろう。
後輩は面白くする方法として、自分の会社ではなく、他の会社で面白くしようとしたのだと思う。

今の固執した環境で状況を変えるのは、かなりパワーがいるのも確かだ。
自分で面白くするにはパワーがいるし、手っ取り早く面白くするには、会社を辞めるのが楽な方法とは思うのだが。

良い会社と辞める人に言われても何にも嬉しくない

その後輩とは偶然会社に戻る用事で、机の整理をしていたので会うことができた。
以前は辞める人がいれば、送別会やらで盛大にやった気がするが、最近では一部の上司だけが辞めることを知ってるだけで、いつの間にか辞めており、後になって知ることが多い。
ほんとに寂しい話だ。
学生と違って、社会人になれば何十年も一緒にやってきた戦友みたいなものだ。
それをこそこそ?会社から居なくなっている。

そんな状況だからこそ、会社への帰属意識は低いし、転職していく環境になっているのかもしれない。
別れを惜しんで、という感じではなく、「ここは良い会社だから、よねは頑張って」なんて、この会社を辞める人に言われても何にも嬉しくないし、頑張れないわ。

会社に長くいれば、いろいろあるね。

記事
会社を辞める同期に思うこと

サラリーマンが副業FXで社畜から抜け出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA