為替相場の予想は外れるもの

相場道のブログなので、たまには為替相場の話も書かないと。

最近はボラが大きくて、手が出せない相場が続いている。
マイナス金利で暴騰してから、全戻しの展開だ。
これは完全に予想外。

為替相場の予想は外れるもの

まあ、何度もこのブログに書いてるように相場は予想通りのならないから、予想でエントリーしてはいけないし、予想はエントリーの根拠にならない。

為替相場の予想は外れるものなのだ。

「上がったから買った、下がったから売った」
それだけで、単純なものなのだ。

注意するところは「上がったから」「下がったから」の部分。
微妙な言葉のニュアンスだが、大切な部分だ。

「そろそろ上がるだろう」と予想でトレードしてはいけない。
上がったのを確認してから、ロングのポジションを持つことだ。

「上がり続けているから、もう下がるでしょう」と予想でトレードしてはいけない。
天井でショートポジションを持つのは不可能と思った方が良い。
下がってから、ショートしても十分間に合うのだ。

トレードは間違うもの

image

「上がったから買ったけど、下がった」
「下がったから売ったけど、上がった」
そんなのよくあることだから、何にも気にする必要はない。

トレードは間違うものなのだ。

相場の動きはわけわからないから、間違うのは当然で、上がったり、下がったりを確認してからトレードしても当然間違う。
思惑通りのトレードは諦めた方が良い。

だから、トレードは運だなんて言われてしまうのだろう。
しかし、わけわからない相場の値動きに対抗する方法がある。

損切りをすることだ。

損切りして、損失を限定すれば良い。
トレードは3勝7敗で良いのだ。
トレードは負けるのが当たり前なのだと理解する。
しかし、負ければ損切りをすることで、損失を小さくし、勝てば利益を大きくしトータルの収支はプラスにするのである。

わけわからない相場の値動きでも、素直な値動きなときもあるわけで、しかもその動きが強いトレンドであれば、大きく利益をあげることができる。
そんな相場で負け分を取り返すのだ。

まあ、そんなことは頭ではわかってもなかなか実践出来ないのもわかる。
「損小利大」を言っているだけ。

トレードしていれば、一度は聞く言葉だから何も奇抜なことを言っているわけではないのに、実践するのは難しい。

よねも10年トレードしても出来ないのだから。
まあ、9割は相場から退場になると聞くから、まだ生き残っているだけマシな方なのかもしれない。

といっても、さすがにそろそろトレードを上手く出来るようにしないとだが。

さて、間違ったトレードをするかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA