FXで勝てるようになるには

わからないときは相場に参加しないはトレードの基本だが、それを実践できない人は多い。
それが出来るようになるだけで、FXで勝てるようになるものだ。

とりあえずポジション保有ではトレードは勝てない

image

トレード回数が多いとエントリーが当たり前になるため、エントリー根拠が曖昧になったりするものだ。

どちらに動くかわからないけど、とりあえずポジション保有をしていてはトレードでは勝てない。

デイトレーダーでさえ、自分のテクニカルポイントに達しなければエントリーしない。
デイトレーダーなのにトレードしない日もあると聞く。

スイングトレードならなおさら、エントリーポイントは少なくなるはずで、具体的には月に一回ぐらいのトレードになるっていうことも当たり前のはずなのだが、ついついトレードが楽しくて、トレード回数が多くなってしまうものだ。

やはりトレードは楽しいし、利益が大きくなっているものを眺めたいし、ポジションを保有して相場を眺めるのは楽しい。
それにはエントリーしないと出来ないので、ついつい自分勝手のエントリー根拠を作って、ポジション保有してしまう。
ついつい自分に良い方に言い訳して無理矢理エントリーしてポジション保有してしまう。

まあ、俗にいうポジポジ病ってやつだが、そんなトレードを繰り返しているようではFXでは勝てない。

トレード成績を良くするには?

いつもの結論にはなってしまうのだが、そんなFXで勝てるようになるのは自分自身の問題だから、FXは相場の値動きの問題ではなく、テクニカルの問題でもなく、メンタルの問題である。

相場にメンタルを試されるので、そこで自分のマイルールを守れるかどうか。

相場の値動きがよくわからないのであれば、相場に参加しないで我慢出来るか。

損失を出したときに熱くなって感情的にトレードしていないか。

大切だから最後にもう一度書いておく。

わからないときは相場に参加しないはトレードの基本だ。

相場がわからないときは、自分に手に負える相場ではないのだ。
そんな相場に手を出せば火傷するだけだ。

わからない相場に参加しないようにするだけで、トレードの成績は良くなるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA