騙し?ドル円直近安値更新もドル円一転上昇で損切り、、、

ドル円ボックス相場ですかね。
箱の中でボコボコにされてます。
というのも、ドル円の直近安値更新でボックス相場から抜ける思惑から、ドル円ショートの逆指値注文を仕掛けていたんですが、今朝注文を見てみると約定していました。

今朝確認した終値はポジションより上でリバウンドした感じでしたが、上値も重い感じでしたので、ドル円ショートのポジション保持を決めました。
ここで自分のシナリオ通りでないので、損切りが正解だったのかも。

それから今日も安値を更新して微妙に利益も出ていたので、判断は間違っていなかったと思っていたのだが、、、

夕方になってドル円下落から一転上昇。
やはりボックス相場なのか、ボコボコにされてます。
ということで、とりあえずボコられた画像はこちら。

image

ほんと相場は難しい

それにしても、連敗止まらず。
これは少しトレードを休まないとダメな感じですかね。
よねはこういうレンジ相場で、資産が削られていくパターンが多いんですよね。
ここで、損失を取りかえそうという感情がよぎるといつものダメなやつです。

今回の負けトレードも相場に飛び乗る感情トレードでやらかしたわけではないので、仕方ないとあっさりしています。
まあ、トレードの全勝は無理なのだから、連敗もあるでしょう。

それにしても、なかなか勝てませんね。
ほんと相場は難しい。
まあ、いつも書いていること。
思い出すために、何度も残しておく。

ほんと相場は難しい。 よくわからない相場は手を出すべきじゃないって、何度もこのブログでも書いてきた。 矛盾するけど、じゃあ、わかる相場なんてあるのかって話。 今はわからない相場なので、手を出さず、わかる相場には参加する。 けれども、わかる相場だから手を出すが、結局相場はわからない。 なんだかわかりにくいかな。 それにしてもこんな矛盾をずっとかかえて、これからもトレードしていくんだよね、きっと。

わからない相場に手を出すな。でも、結局相場はわからない。:旧・サラリーマンの相場道

資産の10%の損失を出したら、その月はトレードしない

あるブログで資金管理の話が書いてあって、その月に資産の10%の損失を出したら、その月はトレードしないようにルールをかしたほうが良いという話。

よねの場合は今の資産は約10万なのだから、その月に1万損失を出したら、トレード休止になる。
まさに、今月ですね。
前回の負けで、止めなきゃいけなかったんですけど。

この効果は、安易にトレード出来なくなるから、ちゃんと狙ってトレードしなくてはならなくなること。
トレードが慎重に的確にしようとするようになる。
つまりポジポジ病を防げる。

損失が10%に達したら、その月はトレード出来なくなるから、必死になりますね。

そのブログには書いてなかったけれども、自分のトレードスタイルに合わない相場に無駄に損失を防げる効果もあるように思う。
よねの場合はレンジブレイクを狙ったトレードなので、レンジ相場でのトレードは自分のトレードスタイルではない。
その月のトレードをやめることで、レンジ相場からトレンド相場に移行を効果的に待てるかもしれない。

また相場観を養える。
トレードスキルを磨くには、長く相場をみることが何より大切なのだから、効果もあるように思う。
休むも相場を実践することになる。

スルスルと相場が動くのを黙ってみなくてはならないから、メンタルが試されます。
トレードを基本的にはしたいのだから、悔しいやら焦る気持ちになるのを体験するべきだそうだ。

ということで、よねもこのルールをやってみようと思う。
なので、今月はトレード出来ないということになる。

これらのルールは、なかなか難しいとそのブログにもあった。
やはり、スルスル動く相場をみるとトレードしてしまうのだそうだ。
でも少しずつでもできるようになるべきこと。
確かに何度もブログに書いても、何度もやらかしてしまからね。
まあ、何事も試してみるのが大事かと。
頑張ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA