急落の予感だけで、トレードしてはいけない

いやー、ドル円上昇が止まらないですね。
気がついたら、124円台ですよ。
やっぱり、天井なんてわからないんですよ。
もうはまだなり、まだはもうなりと有名な相場格言もありますし。
考えることは皆同じ。
急落しそうだけど、毎日高値更新を続ける。
だんだんチキンレースになってきましたね。
相場に思い込みや拘りは捨てないとダメです。
セルインメイは円売りだったってことですかね。

根拠のないトレードは感情トレードと同じ

さて、よねは特に何の根拠もなく、1ポジションを決済してしまいました。
ダメですね。
今日は下落する予感がしたからなんですが、予感って…。
感情トレードと同じですね。
ただ、急落が怖くて、何の根拠もないトレード。
こんなトレードをしていては、まだまだですね。
普段損切りが続くのだから、こういう相場では、振り落とされないように、利益を伸ばしていかなくてはダメなんです。
強いトレンド発生は年に数回もあるかわからないんだから。
強いトレンドとはまさに、こういう値動きの時ですね。
ということで、利益が出た決済ですが、あまり良いトレードではないですね。
こういうトレードしていては、ダメです。
いつかやられますから。

image

まあ、もうひとつポジションがあるので、今回の反省をいかしたい。
何の根拠もないトレードは感情トレードと同じ。
根拠があってトレードしたけれど、相場が想定通りにいかなかったのは仕方ないこと。
そんなトレードを続けていけば良い。
いつか結果はついてくると思う。

逆張りトレードは高等技術

さて、今回の暴騰でやられている人も結構いるようだ。
多分上昇続きだから、何の根拠もない逆張りトレードの人達だろう。
こんな強いトレンドなので、ドル円ショートをするのだから、利益確定の下げでの短期的なトレードなのかな。
損切りラインを明確にしてのトレードであれば良いかもしれないけど、天井でショートするのは不可能なのを認識した方が良い。
思惑通りいかなくて、ナンピンなんて一番ダメなやつですね。

そもそもトレードはトレンドフォローが基本であり、逆張り的なトレードは高等技術と思った方が良い。
特にこんな強いトレンドを経験したことがない人が、値ごろ感から逆張りトレードなんてしたら、一発退場もありえる。

そういう意味で、今はドル円ロングしかできない。
今日も少し押した場面がありましたが、強いトレンド発生時は、あれぐらいしか下がらないんですよね。

ダメですよ。
ドル円ショートポジション持って、ドル円が上昇する理由とか探し始めて、もう上がるはずがないとか、そろそろ下がるはずだと思いはじめたら。

相場のことは相場に聞け。
こだわりや思い込みは捨てて、一旦冷静になろう。
この強いトレンドで、損失を出している人は、自分のトレードスタイルがいまの相場に合っていないか、自分のトレード技術が未熟で、自分には手に負えない相場なのだ。

トレードには経験もある程度必用なのだから、こだわったりや思い込みで、熱くなったトレードをして一回のトレードで再起不能になってはダメなのだ。
明日も相場はあります。

こんな強いトレンドも相場道を歩いていれば、また出会います。
今回損失を出してしまった人は、一旦立ち止まってみましょうよ。
よねも立ち止まったり、遠回りしながら、相場道を歩いてきたのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA