そんなトレードは相場にコテンパンにやられた方が良い

ドル円完全にレンジ相場に入った感じですね。
上昇トレンドは一旦終わったような感じ。
まあ、今の相場はよくわからないですね。
ということで、よくわからなくなっている時点でポジション保有はまずいだろうと昨夜ドル円ロングを手仕舞いしています。
本日の夕方のドル円は昨夜手仕舞いした値から、ほぼ同じなので手仕舞いは良かったのだろうと思う。
手仕舞い後に暴騰していたら、後悔はないけれど、寂しいですからね。

ドル円これから上昇?下落?

さて、週末ということもあり、あんまりポジションを保有しておきたくないっていう人も多いのではなかろうか。
そういう意味で、これから上下しても結局元の値に戻る、よく言う行って来いの値動きになるのではなかと予想する。
まあ、予想は聞かない方がいいですね。
うそですから。

まあ、そんな思いもあって、よねは損失を出す前に一旦手仕舞いです。
薄利だが、損をしないのが大事。
手仕舞い画像はこちら。
image

ドル円はまた上がると思っているので、直近高値あたりにドル円ロングの逆指値の注文を出してありますが。
後は、ここにきてユーロ円が良い感じに上昇しそうなチャートになってきているようにみえる。
と昨夜の時点で思っていたんだけど、今は下落しているので、全くもってあてにならない相場観。

昨夜はチャートを見れば見るほどユーロ円は上昇するような気がして、危うく感情トレードしそうになった。
そんなトレードしていたらまた相場道を1歩進んで2歩下がるみたいになるところでした。

この場所にはもどらねぇ!

ドル円上値伸ばせるか:サラリーマンの相場道

って誓ったばかり。
少しづつでも前に進んで行きたい。

相場にコテンパンにやられたほうが良い

ところで、最近まで本業が忙しくていろんなことが何も出来ていなかった。
仕事が忙しいときに限って重なるもので、プライベートもいろいろ起こり、メンタルがズタボロだった。
そういう意味ではトレードしている場合ではなかったのだが、それが結果的にポジポジ病につながらなかったのかもしれない。
ちょうど今はレンジ相場だったからね。
やられるときはいつもレンジ相場なので。

メンタルをやられているときはトレードも休んだほうがいいね。
マイルールも何も気にしなくなって、いわゆるギャンブルになってしまうから。
そんなトレードで勝っても次に繋がらないトレードになるし、むしろ今後の相場道には弊害だろう。

そんなトレードをしてしまったときは相場にコテンパンにやられた方が、こんなトレードすればやられるのねって学習できて良い。
まあ、さらにメンタルをやられるかもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA