ユーロ円ロング返り討ちにあう

本日はユーロ円大きく下げてますね。
まあ、昨日からユーロ円は下げてますね。
ええ、よねはとっくに損切りになっていましたよ。
前回の記事で、リベンジなんていってましたが、相場に返り討ちにあいました。
まあ、相場は手強いです。
また、連敗街道ですね。

今度はドル円リベンジ

以前からドル円ロングの逆指値の注文を出していたんですが、記事を書いている最中に約定したようです。
すっかり忘れていました。
ドル円がレンジブレイクを期待したいですね。
ドル円のレンジブレイクであれば、もう少し相場が走るのを想定していたんですが、あまり上昇していないのが気になりますが、一応あげていてますね。
損切り後のすぐのトレードはあまり良い印象はないんですが、少し利益も出ているので、もう少し様子をみることにします。
ユーロ円は返り討ちにあったので、ドル円ロングでリベンジを果たしたい。
ということで、画像はこちら。

image

次々ポジション保有しているのが気になりますが、相場に飛び乗ったトレードではないので、良しとしましょうか。
連敗を止めたいですね。
ユーロ円を大きく下げたら、買おうと思っていたんですが、ドル円ポジション保有してしまったので、ユーロ円は一旦お休みですかね。

トレーダーの永遠のテーマ

それにしても、トレンドの初動でやはりポジションを保有したいですよね。
初動であればあるほどポジションが有利になりますもんね。
だからこそ、逆張り的についトレードをしてしまうんですよね。
ポジション保有後に反転すれば有利なポジションになりますから。
また、底や天井でのトレードが決まると気持ち良いですからね。

まあ、そこがトレードの罠なんですが。
天井や底でポジション保有出来ると思ってはいけない。
ついついその事を忘れてしまう。

利食いも同じですよね。
含み益が減っての利食いだともう少し上手くやれたなんて思ってしまうんですが、結果を見ているからそう思うを忘れてはダメですね。
利食いなんだから、損切りではないのだからね。

結局、納得出来るトレードなんて、ほんと少ないんだよね。
損切りでは、もっと上手くやれたなんて当然思ってしまうけれど、利食いだって、もっとやれたと思うんですよね。
結局どんなトレードしても、そう思うんですよ。
トレーダーの永遠のテーマでしょう。

ということで、次は利食いでの後悔がしたいです。
ドル円ロングでリベンジなるか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA