ドル円含み益も結局同値撤退

いやー、ドル円下がりましたね。
今は上げてきているけど、久しぶりの激しい値動きでしたね。
といっても、よねは今朝の終値をみて激しかったんだなとチャートをみてわかったんですけど。
相変わらず、相場は見れていません。
最近はこれぐらいの方がポジポジ病にならなくて良いのかなと思うようになった。
あれは厄介な病気ですからね。

ドル円下落で同値撤退

image

それにしても、米FOMCは殺人的ですね。
これで何人殺られたのだろうか。
ちょっと過激な書き方ですかね。

よねは結局ドル円の買いポジションを放置していて、今回の下落で当然ストップ注文になりました。
まあ、建値にストップをずらしていたので、同値撤退になったので、損失が出なくて良かったのだが。
そこそこ含み益があったのにほっておいたらポジションがなくなってしまいました。
とりあえず、同値撤退だけど画像はアップしておく。

image

放置していたのは、仕事が忙しかったわけではなく、FOMCがあるのは知っていましたが、スケベ心で、ドル円下落はないだろうと思い込みからですね。
無風か上昇すると予想していました。
ほんと相場観が無さすぎる。

そんな思惑があるので、ドル円がFOMC前に少し下落しているのがわかったんだけど、その前の上昇していた値をたまたま見てしまっていたので、今利益を確定すると、損した気分になりそうなので、放置してしまったんですよね。

まだまだですね。
そんな思惑なんて自分の都合でしかないので、相場はそんなのお構いなしですよね。
当たり前です。
思い込みや拘りはダメ。
淡々とトレードをしていかないと資産は増えていきませんね。
そもそも重要イベント前にはイベントリスクを避けるために手仕舞いというマイルールさえ、忘れてしまっていたとは、ほんと情けない。

エントリーは慎重にするけど、手仕舞いは安易

連敗ストップのトレードのはずが、まさかの同値撤退になるとは。
手仕舞いするかしないかなどトレードに迷いがある時点で、一旦相場から撤退ですよね。

今回は

何もしないということをした

ということになりますね。
ちょっとわかりにくいが。
休むも相場で、トレードをしないという判断することはリスクゼロだけれど、ポジション保有中で、手仕舞いをしないという判断は、相場にエントリーするのと同じくらいのリスクを伴うということですね。

なんだか当たり前の話を書いているんだけど、なんかポジションを保有するときは、慎重になるんだけど、手仕舞いというのは利益が出ている為か、結構安易でリスクをあまり考えない気がする。
損切りは注文によるので、慎重とか裁量とかではなく、機械的に行うものなので、安易にとか慎重にとかの感情の迷いなどはないのだが。

何を今さらって感じかもしれない。
まあ、それが出来ていないから、こんなとこにいるんだろう。

さて、次のトレードは…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA