捕らぬ狸の皮算用

ドル円レンジブレイクしましたね。
思惑通り上昇しています。
よねのドル円ロングポジションは今のところはリベンジ出来てる格好ですね。
まあ、ポジションの含み益は、捕らぬ狸の皮算用だから、まだリベンジ出来たかはわからないですけど。

エントリーの後は手仕舞いを考える

とりあえずはポジション画像をあげておきます。
トレードの話はそれからですかね。

image

今回のドル円の上昇で、いろいろネットをみるとなぜドル円が上昇するかわからないっていうのがあったりするんだけど、ほんと人によって、そう思ったりするんだ
なという印象をうけた。

今回の上昇はテクニック的にはわかりやいと思ったんだけどね。
今まで押さえられていたラインからのブレイクによる上昇だったので、よね的には素直な値動きだった印象だったのだが。

まあ、よねもわかりやい相場ですねなんて言われているときに、自分だけ損切りなんかしているときもあるから、そんなもんなのかもしれないですけど。

そんな自分だけ相場に乗れていないときって、自分だけ拘りや思い込みでトレードしていることが多いような気がする。

ドル円は値上げ時期の後退から上がるはずかない。
とか、
連日ドル円は上がり続けているから、そろそろ下がるはずだとか。

確かにその通りなのかもしれないけど、実際は上昇しているのだから、相場についていくしかない。
チャートを素直にみれば、今まで押さえられていたレンジの上限を越えて、直近高値を更新しているのだから、ここはロングでついていくのが素直な考え。
よねの今回のエントリー根拠もそれだけですよ。

後は出口戦略だけですね。

特に大きく下げることもなく、底固い値動きだから、ポジション保有継続。

連日上昇し続け、明日は終末だから、一旦手仕舞い。

天井で手仕舞いは、不可能だから、ストップ注文の値をトレールして、相場についていく。

と、トレーダーによりけりで、十人十色でしょう。
まあ、どれを選択してもほぼ後悔することになる。
トレードなんてそんなもん。
エントリー時よりも、手仕舞いの方が、メンタルを試され、トレーダーの考え方に大きく影響するような気がする。
大げさにいえば人生の考え方になってくるんですよ。
そういう意味で出口戦略が難しくて、大切。

エントリーより、手仕舞いが大事

さて、よねの出口戦略は、どうしましょうかね。
少し含み益が出ているドル円ロングポジションは、よねが上の最後に挙げた、

天井で手仕舞いは、不可能だから、ストップ注文の値をトレールして、相場についていく。

を今のところは選択するつもり。

この辺はなかなか難しいですよね。
なぜ、その選択をするかというと、同値撤退なんて今まで数え切れないほどあったけど、目の前の少しの利益で手仕舞いして、その後大きく上昇っていうのが、いちばん悔しいパターンなので。
まあ、といっても毎回同じように選択するのかというと違って、経験やら勘やら気分だったりする。

あっ、だからダメなのかもしれない。
淡々とトレードするが大切なのだが。

まあ、そういうことで、エントリーより、手仕舞いが一番大事って話ですかね。
少しトレードしている人は十分わかっている話です。

捕らぬ狸の皮算用

手仕舞い時には、この心理があるから、判断を狂わせる。
トレードはメンタルですね。

やっぱり、よねは連敗中だから、少しでも利益を確保したいなあという葛藤。

・・・はっ!?、この心理ですね。

まあ、わざとなんですが。
そこまで、初心者トレーダーではないですよ…ん?

2 Comments

kei

よねさん、keiです。
ドル円レンジブレイクですね。私も、昨日120.8でエントリーしています。
このまま素直に伸びるとは思いませんが、終わり方をイメージしながら少しでも長くポジションを保有していたいところです。
お互い頑張りましょう。
ポチット応援しておきます。

返信する
よね よね

keiさん。さすがです。
昨日エントリーしているのは、良いタイミングですよね。
よねは少しフライングぎみでしたね。
こんなトレードだといつかやられますから。
慎重すぎるぐらいがトレードではちょうど良いです。    

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA