利益確定をしたくなるのがトレーダーの心理

まじか!?
ドル円が暴騰していますね。
何か重要指標イベントとかありましたっけ?
雇用統計のような感じの値動きですね。
ドル円ロングポジションを保有中なので嬉しい誤算ですが、やはり相場は思惑通りに動かないもんですね。

指標の結果はノイズで、トレンド方向に回帰という考え方

ドル円はレンジブレイクしているのだから上昇は想定通り。
指標の結果なんてどうでもよくて、単純に理由探しなだけ。
トレンドが発生すれば、指標の結果で上下するだけで、いわゆるノイズですね。
結局トレンドの方向に回帰していくもの。
まあ、テクニカル派的な考え方です。

さて、よねのトレードは前回記事で損切りラインをトレールして、損失をなくし、相場についていくという判断は今のところは正解だった格好。

この後の出口戦略はますますわからなくなってきましたね。
まあ、天井がわからないのだから、相場についていくだけですね。
トレールして、相場についていくしかない。
後は相場にポジションを刈られないようにするしかないですね。
利益は伸ばせるだけ伸ばすして、今までの損切り分を補い、トータルで利益をプラスにするトレードスタイルですからね。

まあ、今回の暴騰で、いまのポジションはかなり相場に対して優位にはなりました。
捕らぬ狸の皮算用にならないようにしないとですね。

相場をみすぎると利益確定に走る

image

それにしても、スイングトレーダーはどしんと構えてないとダメですね。
中長期的な保有を考えているならば、少しの上下でオロオロしてはダメですね。
今回もドル円は上にレンジブレイクしたと思っているのに、下げてくるとつい利益確定したくなる衝動に駆られる。
これでは大きく利益を伸ばせない。
スイングトレーダーなら、ちょくちょく相場をみて一喜一憂してはダメですね。
1日一回ぐらいの確認の方が良いかもしれない。
相場をみると利益確定に走りがち。
まさに、トレーダーの心理ですよね。

損切りの場合はルール通り逆指値を設定して、自動的にルール通り損切りにしたりするけど、意外と利益確定の場合、ルールがなかったりする。
よねも利益確定は注文を出しての自動的にするのではなく、裁量で行うことが多い。
天井や底がわからないという前提にたつ以上、注文を出すということは利益を限定するということだからだ。
まあ、この辺はトレードの考え方やトレードスタイルなのだろう。

さて、利益確定の感情との闘い。
結果は如何に…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA