ドル円売りポジションもすぐに損切り。次は上か下か抜けるまで待つ

2月に入ったら、本業が忙しくて、相場も見れず、ブログ更新もできずでした。
まあ、もともとよねはスイングトレーダーなので、相場に張り付いてトレードするわけではないので、注文を出しておいて、約定をメールで知るってな感じのトレードが多いです。
自分の場合、相場の値動きを見てしまうとトレードとしたくなって、相場に飛び乗る感情トレードやら、ポジポジ病を発症したりするので、仕事が忙しい時の方が、トレード成績が良かったりします。

スイングトレーダーは待つのもトレード

さて、そんな仕事が忙しいときのほったらかしトレードを実践中なんですが、昨日はドル円売りが約定して、すぐに損切りになっていました。
約定メールと損切りメールを同時に見るほど淋しいものはないですね。
ということで、そんな淋しい画像はこちら。

image

トレードの狙いは、レンジ相場からの直近安値からのブレイク狙いだったんだけど、完全に騙しにあったようです。
まあ、仕方がないですね。
マイルールを守ったトレードですし、すべてのトレードを勝つのは不可能なのだから。

こんな感じで、少しずつ資産が減り続けるけれども、あるとき大きく勝って、大きくプラスにするという、損小利大のトレードをイメージしています。

それにしても、今日も上昇後に下落しているから、またレンジ相場に戻ったんですかね。
こういう相場に手を出すと資産が削らされるから、じっとどちらかにブレイクするのを待つしかないですね。
まあ、幸い仕事が忙しいのだから、ちょうど良いのかもしれない。
スイングトレーダーは待つのもトレードなのだから。
休むも相場のほうがわかりやすいか。

トレードのリズムが悪い

なんだか、ダメトレードをしてから、トレードのリズムが悪い。
これで4連敗。
こういうトレードのリズムって結構大切な気がする。
やはり損切りが続いているとメンタルがやられてくるし、どうしても取り返そうなんて感情が沸こうものなら、さらにダメトレードを重ねて、資産を溶かすパターンだね。
感情的になったらトレードは敗けだから、こういう時こそ淡々とトレードを心がけないといけない。

こういうときは、相場からの一旦離れて、本読むとか、映画観るとかしたほうが良いね。
相場道は長いから。
ついつい負け込むとすぐに取り返そうという意識が働くからね。

この辺はサラリーマントレーダーは本業があるから、有利な気がする。
専業だとトレードばかりの頭になりやすいのではないだろうか。
頭がトレードばかりだと疲れちゃうしね。

ということで、今はよねは休むも相場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA