トレードは言う易し、行うは難し

ドル円マジっすか!?
再度120円台に乗って、さらに高値更新とか。
完全に予想外。
120円に乗せたら、下落するとか。
雇用統計だから、今日は動かないとか。
ドル円120円台乗せるも上値重いとか。
やはり予想うそよですね。
天井なんて誰もわからないんだから、相場に振り落とされないように、トレールして利益を確保しつつ、ついていくしかない。
勝手に天井を予想して、逆張りの今なら売りとか仕掛けるのは、かなりの高等トレードでしょう。

さて、よねはこんなにもっともなことを言っておきながら、言うのは簡単なんですよね。
言うは易し、行うは難し。
ブログに書いてることは、全部自分に言い聞かせてることですよ。
ということで、昨日のドル円の下落で、相場から振り落とされました。
トレールはブログで書いてある通りにしていたので、薄利撤退になっています。

今や、昨日の下落をコロッと忘れて120円台に戻っているのを考えると、トレールしなかった方が良かったのではないかと思ってしまうが、それは結果論。
正しいことを淡々とトレード出来ているので、良いと考える。
ドル円は下落しても戻るシナリオを描けないのは、よねがまだ未熟なだけなのかもしれない。
全てのトレードを効率よく利益をあげるのは絶対無理なのだから、それが出来ると勘違いしてはいけない。
ということで、言うは易し、行うは難しの画像はこちら。

image

それにしても、昨日の記事を書いてから、やはり指標待ちだったのか、ほとんど動かなかった相場が一転して激しい相場でしたね。

ついに120円台に乗せたら、利益確定で押し戻されるのはシナリオ通り。
その後、120円台に戻るのもシナリオ通り。
それからは、相場を見れませんでしたが、その後下落で、119.30円あたりまで下落するとはシナリオ外。
しかも、その後、行って来いで、119円後半まで戻して、今は120円台中近くまで来るとは、想定外。
米雇用統計がこれからあるのも忘れてるんじゃないかという値動き。
みんなはシナリオが描けているのだろうか。

もう、手に負えません。
こんな駄々っ子に付き合ってたら、こっちまでやられてしまいます。
よねはまったくシナリオが描けません。

ということで、今夜は今年最後の米雇用統計。
さっぱりわかりません。
ノーポジなので、指標の結果後、相場の値動きでトレードするかもしれません。
どうしても、買いボジション保有しておきたいですね。
そういうこだわりが、危ないのも重々承知の上で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA