ドル円動意は鈍くなる、指標待ちの様相

ドル円120円台に乗せてないですね。
120円の攻防がすごい。
ただ明日、今年最後の最大イベントの雇用統計があるから、動けないだけなのかな。。。

と記事を書きながら、本日の指標をチェックすると重要指標がこの後あるんですね。
だから、今は指標待ちなのかな。

さて、よねはまだドル円の買いボジションを保有中です。
昨日の記事のとおり、トレールして、ストップ注文を建値より上に設定したので、暴落しても薄利撤退するだけにしてあります。

明日は重要指標なので、リスクを回避するために一旦手仕舞いするかもです。
今年最後のイベントが終わったら、ドル円下がりそうですよね。
どうなんだろう。
なかなか難しいですね。
よねはボジションを来年に持ち越すっていうことをしないので、最後には今年中にノーポジにするつもりです。

さて、他のブログをみてみると、ドル円120円台に乗せたら、大きく調整するっていう予想が多いですね。
こういう予想をみてしまうと一旦利益確定したくなりますよね。
よそうはうそよ、なんで、あんまり予想をみない方が良いんですよね。
毎日為替しか考えていなく、公演もしている有名なプロでも予想は外れるんですから、気にしない方が良いね。
結局相場なんて誰にもわからないんですよ。
だからこそ、損切りが大切だし、トレール注文して相場についていくしかないんですよ。

さて、ドル円どうなるか。
指標で大きく動くのか。
それともこのままなのか。
今から相場を眺めて、値動きを楽しみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA