ギリシャ問題で荒れる相場に安易に手を出し損失、、、

やってしまった、、、
ギリシャ問題で相場が荒れているところに安易なトレードして損失です。
いやー、最近感情トレードはしてなかったんですけどね。
久しぶりにメンタルの未熟さが露呈してしまいました。
まだまだ、相場師として失格ですね。
まだまだ相場師として自覚が足りないようだ。

トレードの悪い見本

とりあえず、損失画像がすべてを物語っています。
image

完全に相場に飛び乗ったトレードですね。
今日は久しぶりに昼間に相場を見れたので相場を確認すると、ギリシャの国民投票結果を受けての下落からのリバンウンド中でした。
これは絶好の戻り売りでしょうと安易なトレードで、ユーロ円ショートしてしまいました。
何の根拠もないトレードですね。
これではやられます。
典型的なダメトレード。
10年トレードしていてもこれですからね。
まだまだ相場道は遠回りしています。

まあ、相場はそんな安易なポジションは容赦なく狩りにきます。
逆に言えば、狩られなければまた安易なトレードを繰り返してしまいます。
相場道的には良かったと思うしかない。

今回さらにダメなのは、損切りの後、いや、絶対ユーロ下落だろっていうこだわり、思い込みでさらにショートしてしまったことでしょう。
完全に感情トレード。
こういうトレードするとやられるよっていう悪い見本ですね。

改めて、負けるトレードを認識した。
何度認識すれば良いのかと思うぐらい今回はへこみますね。
トレードの悪いお手本にしてください。
なんだかここでは立派なことを書いているけど、よねもこんなもんです。
一緒に頑張りましょう。

この『サラリーマンの相場道』のブログは
「サラリーマンが小遣い稼ぎでFXを始めて、日々悩みながらトレーダーとして成長していくはずの記録ブログ」
なのだから。

トレードでわくわくしている時点で、負ける可能性が高まっている

さて、相場というとユーロ円のポジションを刈られた後、少し下落。
本日の窓を閉めたかたち。
まあ、ユーロ円ショートするならば、せめて窓が開いた辺りまで引き付けなくてはダメですよね。
それならテクニカル的にも意味があるショートポジションでしょう。
よねのポジションはなんとも中途半端なところなんでしょう。
恥ずかしいですね。
まあ、こういうことを記事にして、自分に言い聞かせるしかないですね。

それにしても、今月は嫌なスタートになりました。
トレードは損小利大でなければならないのに、今日だけで損大ですね。
こういうことをやっているから資産が増えていかないんだよな。

こういうギリシャ問題みたいに相場が荒れるようなイベントがあるとトレーダーとして、わくわくしてしまうんですよね。
まあ、そうなっている時点で負ける可能性が高まっているのを認識しないとダメなんですけど。
完全に感情トレードの準備ができてしまっていますから。
こんなんだから、相場師としてこんなところでウロウロしているだろうね。

ということで、今回は大反省をして、次のトレードに繋げていかないとですね。

相場道は長くて険しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA