相場の天井や底を狙ったトレードは不可能

ドル円完全にレンジ相場ですね。
今は相場を見ているとついついトレードしたくなって、ポジポジ病を発祥したりして、やられるパターンなので、ほとんど相場を見ていません。
ということで、よねはノーポジです。

すっかり忘れてましたが、本日は米雇用統計だったんですね。
そりゃ、様子見強まるのも無理ないかもしれない。
皆さん完全に指標イベント待ちというところでしょうかね。
雇用統計でトレンドが出来れば良いんですけど。

天井で売ったり、底で買ったりするのは不可能と認識しよう

image

それにしても、相場が動かないとつまらないですね。
そう考えてしまう時点で、相場に飛び乗る感情トレードしてしまう素質十分ですね。

ということで、雇用統計などの重要指標イベントは、相場を見るのを控えていこうと思っています。
トレンドの開始や終了で、売買なんて出来ないんだから。
底や天井を狙ったトレードなんて出来ないんだから、明確にトレンドが発生してから、相場に乗れば良いんだけど・・・。

言うが易しで、これがなかなか出来ない。
どんどん上昇、または下落しているのを見てしまうとね。
何度もトレードしてわかっているはずなのに、どうしても自分だけは天井や底で売買できると勘違いしている。
または、たまたま天井や底で売買できたことがあって、それが強く印象に残っているからか。

天井で売ったり、底で買ったりは不可能ですよ。
出来た経験がある人はいるかもしれないですけど、それはたまたまですよ。

まあ、そういうトレードしている人は、完全に逆張りトレードの人なんだろうから、損切りラインは明確にしないとダメですね。

FXトレードは順張り?逆張り?

よねは基本的に順張りトレードだから、天井や底を狙った逆張りトレードはしません。
ユーロ円ショートで3連敗したのは、逆張りトレードだったからですね。
ユーロ円ショートに拘ったおかげで、資産を溶かしてしまった。
自分のトレードスタイルを見失っていたのかもしれないですね。
やはり、自分のトレードスタイルで、勝負していかないと。

為替相場は株式相場よりもトレンドが続きやすいと思っている。
なので、スイングトレードスタイルであれば、トレンド相場に乗っかる順張りトレードがセオリーだと考える。
そんなことはわかっているのだが、感情トレードで、相場に飛び乗ってしまって結果的に逆張りトレードになっているのが、実情なのかもしれない。

FXトレードは順張りが優位と認識しよう。

夜だけFXトレード

逆張りトレードはデイトレードなどの短期勝負であろう。
最近は短期勝負のトレーダーが多い気がする。
デイトレーダーに言わせれば、すぐ先の相場の値動きを読むのも難しいのに、長期にポジションを保有するなんて考えられないっていう感じだろうか。

まあ、確かにそうなのだが、相場に張り付いてトレード出来れば良いのだが、サラリーマンではなかなかそれは難しい。

為替相場は株式相場と違って、24時間トレード出来るんだから、
夜だけトレードすれば良いじゃんっていう話もあるだろう。

確かに東京市場に値動きが激しいときは少ないし、夜に値動きが出て、相場が走ることが多いので、理にかなっているきもする。
そんなサラリーマンも多いことだろう。

でも、専業トレーダーでもなく、サラリーマントレーダーでどこまでそのスタイルで続けていけるのだろうかと考えてしまう。
よねはサラリーマントレーダーを続けていきたいと考えているし、相場道は何十年スパンで考えている。

まあ、この考えは継続していかなければならない宿題だ。

人生は相場と同じで、こだわりは禁物だ。
トレードも相場も柔軟に対応しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA