全力ユーロ円売りポジション

タイトル通り、フルレバレッジでユーロ円売りポジションを保有している。
ユーロ円が下落するのは予想していたが、仕掛けが早すぎたのか、何度も損切りさせられ、やっと利益が乗ってきた。
ユーロ円の下落はまだ初動と考えているので、まだまだ利食いしないつもりだが。
まあ、相場の予想は意味がないので、相場に値動きに臨機応変にするだけ。
上昇に転じるなら、利食いするだけ。

スイングトレーダーは利食いの衝動との闘い

まずはポジション画像を公開。

image

このブログを始めてから、ここまで利が乗った画像は初めてかもしれない。
今回は下落しか考えられなかったが、何度も損切りしながら、やっと思惑通り下落してくれた。

いつもは手動トレールで逆指値注文をずらしながら、利益を確保して相場についていくのだか、今回は建値に逆指値注文を出して、損失をなくしているだけにしている。
ユーロ円の下落は初動と考えているので、値幅が大きくて、ポジション刈られるのを避けるためだ。

とはいえ、ここまでの利益がなくなったら、へこむなあ。
デイトレーダーに言わせれば、怖くて日を跨いで、ポジション保有できないと言われそう。
しかも週末をまたぐなんて。
確かに含み益は利益でなく、確定してこそ利益。
含み益があっという間になくなるんて何度も経験してきた。
そういうことが、平気で起こるのが為替相場という世界。
たがらこそ、含み益があればあるほど、利食いの衝動に駆られる。
利益が伸ばせるときは、出来るだけ利益を伸ばすべき。
普段の損切りで資産を少しずつ減らしているのだから。
それがまさに、損小利大ということだ。
それがなかなか難しい。
人は損を先伸ばしにして、利益を急ぐもの。
その辺がメンタルが試されるとき。

まあ、今回は利益が出ているので、逆指値に引っ掛かっても損失が出るわけではないので、結構楽な展開になってきている。
ダメならまたやり直すだけですね。
明日も相場はありますよ。

ギリシャ選挙

先週はユーロ金融緩和と今週はギリシャの選挙となんだか為替に影響しそうな重要なイベントが重なりますね。
まあ、よねはテクニカル派なので、ファンダメンタルズは関係ないとはいえ、指標イベントでなく国策になってくるとやはり無視はできないですよね。

まあ、どちらになろうとユーロ円下落とみている。
まあ、だからこそのユーロ円の売りポジションを保有し続けているのだけれど。
他の人の予想もユーロ円は下落とみているようだ。
あまりにみんなが下落と思うと為替相場は気まぐれだから上昇するかもしれない。
そんなときに、どう対応するか。
そんなときも、メンタルが試される。

トレードはどんなときもメンタルが試される。
トレードはテクニカルでもファンダメンタルズでもなく、メンタルだとつくづく思わせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA