相場観を養う

ドル円上昇。
しばらくレンジ相場になっていたけど、そろそろどちらかに動くかなって思っていましたが、このタイミングとは。
まあ、相場とはそういうもんですけどね。
いつどちらに動くかわからないから、常に注文は出しておかないとダメですね。
特に損切り注文は絶対です。

ドル円このタイミングで上昇

さて、よねは本日ポジション保有しました。
それこそ、いつ動くかわからないから、二、三日前に注文していたドル円ロングの逆指値が約定しています。
ドル円は上にレンジブレイクしましたね。
思惑通りに上昇して、利が出ています。
ということで、ポジション画像はこちら。

image

まあ、レンジブレイクしているので、上昇はすると思うけど、この後、米FOMCがあるんですね。
完全にノーマークでした。
この後重要指標があるのに、よくあげましたね。
みんなが、重要指標前は様子見でしょうと思っていると、こんな感じでやられるんですよね。
相場は常に何があるかわからないから、油断してはダメですよ。

淡々とトレード。

指標があろうがなかろうが、自分の想定した値にきたら、トレードしなくてはね。
感情トレードじゃダメですよ。

とはいえ、よねのマイルールは重要指標前はポジションを手仕舞いするルールになっていたのだけれど。
まあ、今回は幸い上昇スピードが速く建値から少し上昇しているので、、一旦建値に損切りの逆指値注文をトレールして、イベントを迎えたいと思う。
ポジションは狩られる可能性もあるけれど、損失は出さないので、良しとします。

相場観ゼロ

それにしても、よねは相場観がゼロです。
ほんと相場がどちらに動くか当たらない。
まあ、それでもそこそこ利益が出ている。
そんなもんですよね。
相場観があっても利益が出るとは限らない。

そもそも相場観とはなんぞやってとこでしょう。

相場観とは根拠のない予想・予測といったものではなく、 長い経験を積むと現れる「精度の高い勘」のこと

なんて書いてあった。
なるほどね。
よねも相場に長くいることで、いつのまにか相場観が養われたのだろうか。
そんな実感全くわかないのだが。

今回も定石どおりのトレードになるのだろう。
上値を押さえられていたラインである直近高値を更新してきたののだから、レンジブレイクと判断でロングの注文をしただけ。
ほんと単純だし、トレードの根拠はテクニカルなのだけれども、そんなたいそうなトレードでもないよね特に今回は。

相場観からトレードをする。
うーん、いまいちピンとこない。
トレードは、ポジションをたてるときより、手仕舞いや損切りが重要だと考えているからね。
ポジション保有時が一番メンタルを試されるし。
メンタルがトレードで一番重要だと思っているから。
相場観を意識してトレードしないし。
そういう意味で相場観ゼロでも問題ないと思っている。

相場観を養わなくてはダメだなんて考えたこともなく、相場観を意識したこともない。
まあ、口では相場観がなくて困るなんて言っていたりするけど、それほど気にしていない。
相場観はトレードしていれば、自然と身に付くのかもしれないけど、相場観よりも大事なことが他に沢山あると思う。
相場観なんて、最後の最後ではないだろうか。

ということで、よねの相場観がこの後のFOMCでドル円上昇と考える。
まあ、ドル円ロングポジション保有しているからなだけ。
あっ、それは相場観でなくて、願望か。
みんなの言う相場観は、そんなもんなのかもしれないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA