相場のことは相場に聞け

いやー、ドル円ほぼ全戻し。
むしろ上がってるし。
前回記事じゃないけど、

「ほら、逆張りの方が大きく取れるだろ?どうせまた戻すんだから」

なんて言われてしまいそう。
こんなパターンだから逆張りトレードが有効だと思ってしまうんだろうね。
いつか戻るだろうと。
完全に刷り込みですね。
しまいには損切りに入れない方が損失にならないじゃんなんて言い始めそう。

それは相場の罠だ!

と思いながら、よねは含み益が消えていくのをただ見つめるだけでした…。

相場は相場に聞け

それにしても、ドル円またしてもここまで戻すか。
完全にシナリオ外。
今朝の終値見て、一時撤退しようと思ったが、少しの利益を得てもなあと思って、ポジション保有継続の判断。
まあ、建値に逆指値注文は入れていたので、同値で決済されるようにしていたけど。
今のところ、まだ決済されていませんね。
上げることは今朝予想はしていたけど、下がらないですね。
こういう相場は今年は多い気がする。
最近ドル円ショートは踏み上げられるイメージしかないし。

チャート的にはショートがセオリー。
上げても戻り売りスタンスがセオリーだろう。
だけど、相場のことは相場に聞けで、上昇しているのだから、素直に買うのが拘りや思い込みを捨てての淡々とトレードなのだろう。

とはいえ、ここからロングにするきにもならず、自分のシナリオを描けなければ、自分には手に終えない相場なのだから、静観が正しい。

理不尽、よくわからないのが相場なのだから。
上がる理由、下がる理由なんてすべて後付けでなんとも言えるし、理由なんて興味がない。
よくわからんけど、上がってるんだから買えば良いし、損切りすれば良いし、トレードを休めば良い。
相場なんてそんなもんでしょう。

まあ、あーだ、こーだと理由を相場のことを言うのが楽しいっていうのはわからんでもないが。

何もしないということをする

image

さて、逆張りトレーダーの勝ちで、順張りはトレーダーは負けで一時撤退ってところか。
よねも撤退ギリギリですね。
ここからどうなるかわかりませんが、特に後悔はないですね。
チャートにしたがって、エントリーできているし、感情トレードなどでもないので。

すべてのトレードで勝てると思ってないし、トータルで勝てば良いのだから。
ここで、熱くなって、トレードを繰り返したら、それこそ後悔する。
よくわからない相場で勝負する必要はない。
ここで資産が減ったり、メンタルが削られてトレードリズムが崩れる方が怖い。

後から思い返すとなんであんな熱くなって、難しい相場で利益をあげようとしたんだろうと思うことがよくある。
そういう無駄な損失が、トータルで考えた時に効いてくるのだ。

静観する。
見るだけ。
何もしない。

トレードでは重要な行為だ。

何もしないをする

なんだか深い言葉だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA