逆張りトレードは難しい。簡単なトレードは順張りトレードだ。

先週は円安、今週はドル安が加速。
今週はドル円がレンジブレイクした格好。
先週までドル円が膠着状態だったが、ついに大きく動いてきた。
ドル円は注視していたので、今のところドル円のトレンドに乗れています。
それは後に書くとして。

思い込みや拘りをトレードに持ち込むとやられます。
こういうときは客観的なトレードができればですね。
常に自分にはポジションがない状態を想像して、この値で、ここから買うのか、ここから売るのか思い込みや拘りを捨てて考えなくてはですね。
ポジションを保有中だと思い込みや拘りが出ちゃいますからね。

絶妙な手仕舞いのタイミングは経験からくる勘のようなもの?

さて、今週は先週までの円安トレンドかが調整に入ったのか、豪ドル円、ユーロ円は大きく下がりましたね。
今はドル円が暴落中ですが。

今もユーロ円も豪ドル円も上昇トレンド継続とみていたが、今週始めになんとなく値動き嫌な感じがしたので、手仕舞いしていました。
予感は的中で、手仕舞い後に大きく下落。
逆指値注文のトレールはしていたけど、その前に決済したので、少し余計に利益を確保し、暴落から逃げることが出来た。
画像はこちら。

image

手仕舞いは経験からくる勘のようなものか。
まあ、決済の逆指値注文をしていたので、仮に逃げれられなくても利益は確保は出来ていたというのが重要なポイント。
急な下落から逃げれなくても、利益は確保する。大事なことだ。
今回はなかなか良いトレードが出来たのではないだろうか。

順張りはFXトレードのセオリー

さて、今回はなかなかトレードがいい感じに立ち回れている。
ドル円のレンジブレイクを予感し、今回のドル円の下落相場に乗れている。

image

ドル円ショートで、何度も踏み上げられているので、ドル円をショートは良い印象がない。
ドル円はレンジブレイクとみるならショートしなくては、後悔すると思い注文。
騙しに終わっても、ルール通りのトレードが出来ているなら良いトレードだろう。
騙されてなんぼ。
トレードの根拠はテクニカル。
チャート的にはドル円はショートしかない。

それでもやっぱり逆張り的にロングする人はいるんですね。
今までが逆張りで相場が反転して、利益を得られたからだろうね。
例えば、今月の雇用統計の下落からの全戻しが記憶に新しい。
よねもショートで、損切りさせられた。
まあ、順張りはFXトレードのセオリーであるし、あのトレードの損切りに後悔はない。
むしろすぐに損切り出来ているから、良いトレードだろう。

逆張りトレードは決まると気持ちがいいし、印象深いトレードになるからね。
ただ、それがトレードの罠だ。
反転しなかったらどうだっただろう。
迅速な損切りは出来ていただろうか?
反転したのはたまたまですよ。
今回のドル円は反転するのか?
反転しなかったらどこで損切りするのか?

仮にまたドル円は反転して全戻しとなり、ショートが損切りになっても、悔しいが落ち込んではいけない。
トレードはトレンドに乗って利益をあげるのが、一番簡単なトレードなのだ。
今のドル円相場でロングしている人は、逆張りトレードだ。
トレードとしてはむずかしいトレードをしているのだ。

すぐに損切りになってしまっているのであれば、まずはトレンドに乗っかるトレードから始めよう。
その見極めが一番難しいっていう話もあるが。

何度も書いているが、逆張りトレードは高等なトレードで、難しい。
トレードは順張りがセオリーで簡単なトレードだ。

ここはドル円は順張りで、よねはショートで参戦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA