今のユーロ円はボラティリティが大きい?

ドル円下げてますね。
明日は米雇用統計っていうのもあるのかもしれませんね。
イベントリスクを避けて、ポジション調整している人も多いのかもしれませんね。

ドル円下落前に手仕舞い

前回記事に書きましたが、ドル円はジグザグには上昇しませんでしたね。
あまりに上値が重いので、記事に書いたドル円のロングポジションは手仕舞いしています。

image

なかなか良いトレードが続いていますね。
利益をあげるトレードが良いトレードではないですね。
今回のトレードのように自分のシナリオ通りならなかったときに、すぐに相場から撤退できるかかが重要だと思う。
とにかく損失を出さずにトレード出来るか。
そんなトレードが良いトレードだと思う。

今回は損失を出さず手仕舞いできましたが、手仕舞いしたあとに自分のシナリオ通りになって、手仕舞いしなければ利益が出ていたとしても、悔しいという感情はありますが、損失を出したわけじゃないので良いトレードだと思う。
感情抜きの淡々としたトレードが出来るかが大切。

今のところトレード収支はユーロ円のトレードだけプラス

さて、これからの相場は。
まず米雇用統計の結果後から、トレードを考えたい。
といっても、よねは今週はトレードしないかな。
今のところ、ドル円はトレンドが発生する気がしない。
もう少し大きく下げてくれれば、トレードはやりやすいんだけど。

そして、ユーロ円は上昇トレンド継続でしょう。
ロングで入りたいんですが、こちらももう少し下げてほしい。
ユーロ円は最近ボラが大きいので、中途半端な値で相場に入ると、ポジションをすぐに刈られるだけな気がするし。
まあ、ユーロ円のボラはいつもこれぐらいって気もしないでもないけど。

ただ、ドル円があんまり動かないので、こういうときはついついユーロ円のトレードを考えてしまいますね。
思惑通りになれば、利益も大きいですからね。

今年のトレード収支を改めてみて確認したら、ユーロ円だけプラスで、後はマイナスでした。
ドル円はコツコツ負けていて、ユーロ円で、ドカーンと負け分を取り返すという感じ。
トータルでは少しプラスで、損小利大のコツコツドカーントレードだから悪くはないのかもしれない。

しかし、ユーロ円の上昇相場に乗れず、薄利で手仕舞いしとことが少し悔やまれる。
いつ連敗するかもしれないから、利を伸ばせるときは伸ばしておかないとトータルでは勝てない。
最近まで連敗が続きましたし。

さて、ユーロ円のトレードのプラスにおんぶにだっこではなくて、ドル円のトレードでそろそろプラスにしたいですね。
明日の米雇用統計で、トレンド形成なるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA