利益確定の葛藤はスイングトレーダーの宿命だ

為替相場が大きく動いてますね。
ドル円が暴落しています。
というか為替だけじゃないですね。
日経平均も大きく下落。
世界同時株安。
こういうときは思い込みや拘りをやめて、冷静に対応しないと市場から退場になってしまいます。
こういう相場こそメンタル試されているんですよね。

さて、今月はまったく更新出来ていませんでした。
資金が飛んで為替市場から退場したわけではないですよ。
飛んだのはスマホの方で、スマホが壊れてブログの更新が滞っていました。
スマホにあったトレードの記録も飛んで、家のパソコンで更新する気にもならず。

今は新しいスマホに変えて、スマホからブログの更新が出来る環境になりました。
これから心機一転、ブログもトレードもといきたい。

さて、その間のトレードはというと、実はスマホが壊れてもトレードしていました。
まあ、スマホが壊れる前に注文していたのものが次々約定しては、トレード出来ず、そしてポジションを狩られ、そんなトレードの反動からか、また感情トレードが露呈し、お約束通り相場にコテンパンにやられました。

また相場道を戻ってしまいました。
ここには戻ってこないと決意したのに、夏休みに浮かれていたんでしょうかね。
なかなか前に進めませんね。
まあ、そんなトレードの詳細は後に書くとして、まずは今の保有ポジションから。

相場からメンタルが試されている

よねのレンジブレイクトレードが見事に決まり、今回のドル円の暴落に乗れています。
とりあえず、画像から。

image

まあ、これだけ見れば今月は素晴らしいトレード収支になりそうなんですが、先ほど書いたように今月前半にコテンパンにやられているので、今月収支でいえば、大きな利益になりません。

まだ今のポジションも利益確定していないので、とらぬ狸の皮算用になりかねない。
とはいえ、利益確定の逆指値の注文をトレールしていってるので、今回のトレードで、今月収支はプラスに転換する予定。
そういう意味では、損小利大が出来ている。

今月前半の感情トレードがなければ、今月の利益が大きくあげられたのにと悔やまれるが、そこは誰もが思うところ。
トレードすれば、みんなそんな感情と闘っているんですよね、きっと。

損切りになるとメンタルを揺されるんです。
そういう時にメンタルをコントロール出来るようになっていかないと相場には生き残っていけない。
今の相場もそうですよね。
暴落や暴騰相場って、トレーダーは相場にメンタルを試されているんですね。
ここで相場からの罠に嵌まってはいけない。

相場はあなたの損失なんて関係ありません

ということで、今月前半のトレードについて触れなければなるまい。

画像を用意するのも大変なので、結果だけいうと、-200pipsの損失。
しかもこのトレード結果は、スイングトレードスタイルを見失い、感情トレードで一日5回ぐらいのトレード回数での損失。

まあ、典型的な負けパターンですね。
こんなトレードしていては勝てません。

やはり、自分の勝ちパターンっていうのがあると思うので、自分のトレードスタイルというか、相場からメンタルを揺さぶられて、確固たる決意でトレードをしないと。
淡々とトレードというほうがわかりやすいか。

いい感じのトレードリズムが出来ていても突如こんなトレードをしてしまうから、トレードの難しいところ。
10年もトレードして、これじゃあね。
ほんとダメだわ。
相場道で進んでは、戻ってばかり。

今の相場では、淡々とトレードを心掛けたい。

今月前半の損失をチャラにしたいため、かなり利が出ているので利益確定したい衝動に駆られるけれど、淡々とトレードに反するので、思いとどまった。

相場はあなたの損失なんて関係ありません。

利を出来るだけ伸ばし、損切りを補填するのだから、損切りが多いなら、利を出来るだけ伸ばしていかないとトータルで勝てない。
損小利大とはこういうことでしょう。

ということで、利益確定の葛藤と戦いながら、淡々とトレードしていきたい。
手仕舞いの葛藤はスイングトレーダーの宿命でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA