利食い千人力

う~ん、ドル円上昇小休止ですね。
あまりにこの辺りの値でウロウロしていると一旦大きく下がる可能性が高まりますね。
今日の終値で一旦手仕舞いも視野にいれないとダメですかね。
多くの人が意識しているドル円のターゲットは今年の高値である125円後半だとと思うんですけど、みんながそう思えば思うほどいかないのが相場なんですよね。
こんなときに思い込みや拘りを捨てられるか。
手仕舞い後の利益を逃す不安に打ち勝てるか。
エントリーは意外と気軽に行うが、手仕舞いの方が難しく慎重にやるべきで、手仕舞いが一番メンタルが試され、よく考えて行うべきだ。

勇気ある手仕舞い

さて、こんな相場なときに焦れると相場にやられます。
焦れている時点で、少しづつ自分のシナリオから離れていってるんでしょうね。
だから焦れる。
もうそうなり始めたら手仕舞いが正解なんでしょうね。

と記事を書きながら、整理していくと手仕舞いが一番理想なトレードと思い始めて、本日の終値までポジション保有するつもりでしたが、手仕舞いすることにしました。

ドル円の上昇トレンドは継続とみているので、直近高値にはロング注文は出しておきます。
この手仕舞いが、吉と出るか凶と出るか。
まあ、利食い千人力って言葉もあるし。

利食い千人力とは、FXでよくおこるこういった利益の損失をなくすために「あまり欲張らずにさっさと利食いしたほうが賢明だよ」ということを示唆している格言です。
そういう意味では、魚の頭と尻尾はくれてやれと、意味するところはよく似ています。

トレーダーはいつもこんな葛藤の連続だ。
いつも満足のトレードは難しい。
利食い千人力という言葉で自分を納得させよう。

今回はドル円上昇の誘惑からの勇気ある手仕舞いだ。
今年のトレードの進歩。
思い込みや拘りを棄てて、淡々トレードの徹底。
今年の目標だった。

image

今年のトレードは勝ち逃げだ!

今回の利益確定も含めても、今年の収支はプラスに終わりそうだ。
これからやらかす可能性もゼロではないが、そんな感情トレードをしないようにしてきた年だ。

今年でFX歴はちょうど10年目になる。
やっとトレードの何かを掴めてきたような気がする。
来年からはさらに飛躍して、資産を増殖していきたい。

今年をこのままいけば、ある程度の種銭が出来たので、来年からは少しづつロットを増やしていきたいと考えている。

実は今回のドル円ロングポジションは、ロットを増やしたらどんなものか試したトレードでもあった。
幸い損切りにならず、利益確定ができたが、ロットを増やしての損失をメンタルが耐えれるか。
トレードのやり方を変えるつもりはないが、損失額が変わってくるから、メンタルがより試されるのだろうと思う。
でもトレードを続けていければ、いつかは通る相場の道だと思っている。

ブログのヘッダ画像を付けてみた

image

最近このブログのヘッダ画像を付けてみた。
ずっとよい画像があれば付けたいなと思っていたんだけど、最近これだっていう画像を見つけた。
このサラリーマンの相場道ブログにぴったりの画像ではないだろうか。
かなり気に入っている。

気がついたら、このブログも引っ越してから一年が過ぎた。
少しづつだが、相場の道を一歩ずつ前に歩いて行けている気がしている。

皆さんとこのブログと共に一緒に相場道を歩いて行けたらと思う。
引き続き、『サラリーマンの相場道』をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA