トレード回数を減らす方が良い?

すっかり相場から、トレードから離れてしまい、朝だけレートをチェックするだけでした。
最近はいつレートを見てもドル円は同じような値で、完全にレンジ相場だった感じですかね。
まあ、終値ぐらいしかチェック出来てないので、終値だけを見ればそうだけど、その値になるまでは紆余曲折があったのかもしれませんが。

今月はマイルールにより、トレードしないようにしていたので、良かったのかもしれない。
大きく動いていたら、それはそれで悔しいやら焦りやらで感情トレードをしてしまったかもしれないから。

とブログを書いてるうちにドル円が高値を更新してきてますね。
引き続き、感情トレードに気を付けなきゃですね。
まあ、これだけノートレードだとよねはFX中毒ではないみたいですね。
ということで、よねは今はノーポジ、ノー注文です。

負けているときこそ、トレード回数が多い

さて、今日改めてドル円のチャートを見てみましたが、よくわからないですね。
今朝のドル円のレートを見て、やっぱりこれから下落かなって思ったけれど、今になって高値更新と、さっぱりわからない。
こういうときは手を出すべきではないですね。
相場が自分に合っていないのかもしれない。

さて、最近相場からあえて距離を置こうと考えている。
まだまだトレード回数が多いと考えているからだ。

大抵、負けているときというのはトレード回数が多いことが多い。
トレード回数は少ない方が良いと考える。
自分が勝てる相場だけに参加するべきだ。
勝つべき相場、自分が有利な相場がわかれば苦労しないが、勝てる相場はそんなに多くないと思うので、必然的にトレード回数は少なくなっていくはずなのだ。

ポジポジ病は病気なので置いておいて、トレード回数が多いのは、トレードポイントが明確じゃないからなのではないだろうか。
または相場に飛び乗る感情トレードか。

やはりトレード回数を多くなってくると、ずっと勝ち続けることは不可能なので、負けも増えていき、勝敗はトントンになっていくのではないだろうか。
勝敗は確率的に五分五分で収束していく。

プロのトレーダーこそ、エントリーチャンスを厳選し、厳選に厳選を重ねて、ここぞというところでエントリーすると聞く。

思い付きや、安易なトレードで勝てるはずがないのだ。

やはりトレード回数は減らす方が良い。

トレードに勝率は意味がない

image

トレード回数を多くすればするほど、勝敗は五分五分に収束していく。

といっても、勝敗はトントンになっていても収益は増えていくようなトレードを目指さなければならない。
そこがFXトレードで勝つからくりだ。
トレードの回数が増えて、敗ける回数が増えても、収益は増えていく。
そう、つまり損小利大を目指すトレードをすることだ。

そう意味で、勝率というのは意味がないし、今連勝中なんて話はくだらないということがわかる。

そう、よねは今連敗中なんだが、そんな話は意味がないですよ。
そう、意味がない、意味がない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA