今の会社で自分は何をしたいのか

久しぶりに仕事について今の心境を書いてみたい。

気がついてみればあっという間に一年が過ぎてました。歳を重ねますます時間が経つのが早く感じる。まあ、おそらくそう感じるのは仕事しかしてないからですね。年齢を考えると会社に通うのも折り返しし始めてるんですね。ほんと早いものです。

FXが順調に資産を形成できていれば、早期退職なんて考えていました。そうなれば、後10年程度しか会社に行かないってことになるんですね。

今自分は会社で何をしたいのか

もう時間がないのだから、したい仕事だけをするほうが良いぞと上司からのアドバイス。

じゃあ、したい仕事くれよって話だが、なかなかそんな仕事はもらえない。

勘違いしてほしくないが、残業がなくて、お客様に怒られないようなそんな楽な仕事がしたいわけではないですよ。

上司は部下の成長などを考えて、この仕事を任せるかなんて思ってくれるのは新人のときぐらいで、基本的にはコイツを入れても問題にならないな、コイツをこのプロジェクトに入れれば売上が大きくなるなど、上司からの視点だけで、本人の希望は参考程度だ。

だからこそ、普段から上司に何をやりたいかはアピールしておく必要がある。もしかしたら考慮してくれるかもしれないしね。

そんな話を以前にも書きましたね。

会社に依存しない生き方

炎上プロジェクト

毎日終電近くまで仕事して、休出してなんとか終わらし、やっと終わったと思ったら他のプロジェクトが炎上している。

そんなプロジェクトに入れられて、なんとか正常な状態に戻す、いわゆる「火消し」な役になっている気がする。

みんながのらりくらり毎日定時で帰って、火種を作り、気がついたらプロジェクトが炎上していて、手伝わなければならなくなる。理不尽ですね。

火消しはその場では喜ばれるのかもしれないけど、なんだか利用されているだけな気がする。

こちらは管理職でもないのだから、他のプロジェクトの火がくすぶっているのを察知するのは難しい。ましてや、こちらは炎上しているプロジェクトを消化中なのだからなおさらだ。

管理職はやらかしているのだから降格でもよいぐらいだ。一度ならまだしもそれが何度も起こしてるのだから、仕事のやり方が明らかにおかしい。

けれども降格はほんとによっぽどがないとならないので、上がってしまえばラッキーなのだろう。だからこそ、なかなか昇進させないとも言える。

昇進は売上を上げないと難しい。それこそプロジェクトに配属されるのは運なのだから、昇進も運の要素が大きい。

そんな話をすると自分のアピールと立ち回りが悪いからだと言われたりする。

今上長にいる人たちは、そんな良いように立ち回っているのか?

いや、昇進したからもう良いように立回らなくなったのかもしれない。降格がないのだから。

なんだかね。どこかでツケはまわってくるのだろうけど、こんな会社の状況では心が折れる人も出てくるよ。

仕事もFXもやはり行き着くところはメンタルか?

最近はメンタルが頑丈な人が重宝されていく傾向にある。

特に若い人は怒られなれていないのか、少しでも怒られるとダメになってしまう人が多い。

今のこのご時世、上司も怒り方を間違えるとパワハラになってしまう。

働き方改革、在宅ワークで残業も減り、ますます社員は守られてく。

少しでも嫌になったら、「次の会社に行けばいいやって」感じだから、若い人は気軽に辞めていく。

おじさんから言わせてもらえば、そんなすぐに辞めてはもったいないと思ってしまう。

最近も辞めた人の話を聞いたけど、結局Uber Eatsをしているという。今やコロナで大きくなったサービスだと思うが、もったいないなと。

今やコロナの影響で、キックオフやイベントなどが中止になって、会社の人たちと話す機会が減っている。

話せば色々フォローできる部分もあるだろうけど、この状況じゃ、サクっとやめてしまうかもしれないね。

社員が辞めるのは、上長の責任であり、会社の一番の損失である。その年の売上が落ちるなんて、それに比べればたいしたことないはずなのだ。

まあ、今のコロナ渦の状況で辞めるというのは損だと思うのは歳をとった人の考えで、若い人はそんなことは思わないかもしれないんだろうね。それが若さだからね。

仕事もFXも次のステージへ

上司の悪口?を書いて、ふと気づいたが、昔はどんな上司もすごいなあと感じていた。

長い間炎上プロジェクトを消化していたら、いつの間にか上司と同じステージに立ったのかもしれない。

炎上プロジェクトは、体制の検討やらスケジュール調整やらお客様の説明スキルが問われる。

炎上してるんだから、何かが足りていない。大抵、体制が悪く、時間がかかってしまい、時間を食いつぶし、スケジュールが圧迫し、お客様と調整するしかない状態。

毎日のように進捗状況を聞かれ、報告の仕方を考え、お客様と分の悪い調整をする。

なかなかのスキルが求められる。まあ、上司がそんなことをしてきたはずなんだが、われわれは上司に怒られながら、結局上司に頼り、上司にお客様と調整してもらってきたのだ。

今上司はすごいなんて、そんなことを思わなくなったのは、自分が次のステージに移ったのだろうか?

そんな仕事の思いを書いていたら、まだ後10年もあるのか長いわと思わせる。それもFXがうまくいった場合なんだから、そんなにうまく行くとも思えない。

FXについてはまだまだ次のステージには行ってないな。FXも次のステージに行きたいと強く思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA