リスク回避の売り

いやー、やられました。
あそこまで窓を空けて下落すると思いませんでした。
相場なんてまさかや想定外なんて言っていてはダメなんですけどね。
ついついまさかなんて言ってしまいます。
まさかの日経平均も暴落ですね。

本日底でのドル円ショートで、すぐに損切り。

さて、そこまで下がるとは思わず、ドル円ショートの逆指値注文をそのままにしていましたが、見事に今のところ本日底でのドル円ショートですぐに損切りですよ。
まあ、意識されるラインでしたので、逆指値を入れておいたのですが、今朝の値動きではダメですね。
ドル円V字回復であっけなく損切り。
まあ、徐々に下落していくシナリオでのドル円ショート逆指値注文だったので、窓明けからの下落では。
ということで、画像はこちら。

image

まあ、でもここまでドル円は戻すとも思わなかった。
窓を閉めずに下落かなあと思いましたね。
なかなか難しい。

レンジ相場よりは値幅が大きく動く方が良いですが、この動きは少々いやらしい動きですね。
安易に相場に入るとやられますよ。
相場の値動きが常に見れ環境じゃないとトレードすべきではないですね。
サポートラインなどのテクニカルが効きにくくなっているかもしれないし。
これからトレードする人はご注意を。

損切りしても熱くなったらダメです。
よねも熱くならずに冷静に相場が見れてきています。
少しは成長したのかな。
トレードはメンタル。
感情トレードはダメです。
よねは損切りトレードで本日はやりません。
相場観ゼロでこれからドル円がどうなる全然わからないんだもん。

トレードは熱くなったら傷口を広げる

さて、今月はいい感じのトレードだったのに、最後にやられてしまいました。
まあ、感情でのポジポジ病のトレードではないので、仕方ないと思えるんですが。
こういうときはすべてのトレードで損切りせずに利益をあげ続けるのは絶対不可能と考える方が良い。
損切りした直後なんかどうしてもすぐに損失を取り返そうとする心理が働きますから。
安易に相場に入るとあっけなくやられます。
まあ、運良く損失を取り返せてもこれからの相場道にはマイナスですね。
それはたまたまですから。
負けた方が、あぁこういうにトレードすればあっけなくやられるんだなと理解できる。
そう、よねは何度もやられましたよ。
そんな感情トレードでは傷口を広げるだけですね。
損失をさらに重ねたときには、後悔も大きい。
さらに、熱くなってしまった日には退場もありえる。
相場道は長いのに、たった一回のトレードで退場はもったいない。
そもそも損切りしている時点で、自分の手に負える相場じゃないんですよ。
そういうときに、冷静になれるかがトレードのコツなのではないだろうか。
そういうときにメンタルが試されるのです。
こんな相場何度もあります。
今だけの相場しか見えていませんか。
明日も相場はありますよ。
というほど、すごい値動きではありませんが、自分に言い聞かせるために大袈裟に書いてみた。

10年もトレードしていてもそんな熱くなったトレードしてしまう一面ものぞかせる。
まあ、なかなかトレードというものは難しいものですね。
10年近く相場を張っていれば、そろそろわかってきても良いものなのだが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA