2017年7月のトレード成績 相場に乗れず負け越し、、、

どうも行ったり来たりの相場で圧倒的なトレンドが起きない。
大きな流れとして、ドル円は下落の方向だと思われるが、大きくバウンドして損切りさせられるので、コツコツ損失を重ねている。

そんな相場が続くと「損切りしなければ」って思考になってきたらヤバい傾向だ。
損切りが出来なくなったら、相場では生き残れないのは、先人たちが証明してきた。

コツコツドカン(コツコツ負けて、ドカン勝つ)の精神で、ここは耐えるとき。
メンタルを揺さぶるれてはいけない。

トレードとは相場とではなく、自分自身との闘いなのだ。

「あれ?あんなに負けていたのに、終わってみればなぜか資産が増えてる!」
ってな感じにいきたいのだが。

7月のトレード成績と2017年の年間成績

《7月のトレード成績》
1勝3敗 -100pips

《2017年の年間成績》
1月 0勝4敗1分 -200pips
2月 0勝5敗 -300pips
3月 1勝2敗 -50pips
4月 1勝1敗1分 50pips
5月 2勝0敗 230pips
6月 1勝5敗2分 -210pips
7月 1勝3敗 -100pips

トータル 6勝20敗4分 -580pips

7月も負け越し。
今年のトレード成績は全くもってさえない。
スイングトレーダーには、つらい相場と思っていたら、こんな相場でも着実に勝っている人が多いことに気づく。

皆さん、さすがですね。
よねは、まだまだトレーダーとしては未熟ということか。

10年を越えてトレードしてまだ、たいしたステージに行けてないということかですね。

トレードが機械的に?

それにしても良いの悪いのか、トレードにあまり意欲がなくなってきた。
なんていうか、トレードがかなり機械的な作業のような感じで、面白いという感覚がなくなってきている。

トレードとしては、良いことなのかもしれない。
むしろ機械的なんて理想的なことなのかもしれない。
トレードは感情的にしてはダメだからね。
淡々とトレードするということは、そういうことなのかもしれないが、それでも資産が増えていないのは悲しい。

ということで、トレードが機械的作業になってしまった感があるので、書くこともなくなってきてしまった気がする。

マイルールにしたがって、狙った値に来たら、逆指値注文が発動するだけ。

まあ、うまくいってないんだけどね。
とりあえず、今年はこれを淡々と行っていきたい。
これで資産が増殖するのかの証明したいというのもあるし。

なかなかトレードも仕事もうまくいかない。
仕事も機械的に淡々といきたいところだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA