プロフィール

はじめまして、本ブログの管理人のよねです。

当ブログをみつけていただき、ありがとうございます。

サラリーマンが遣い稼ぎでFXを始めて、日々悩みながらトレーダーとして成長していくはずの記録ブログです。

最近は仕事に対しての考えを書いたりもしています。
トレード記事より読まれているのが気になりますが。

よねはどういう人?

まずは、簡単に本ブログ開始時(2014年11月)のプロフィールを書いてみたいと思います。

1976年生まれのシステムエンジニア (ブログ開始時 38歳) 既婚。子持ち。

為替(FX)を始めたのは2006年から。
サラリーマンでの小遣い稼ぎにでもなればと思ったんですが、なかなかうまくいかず。

はじめは以下のブログを始めています。

サラリーマンの相場道

その後、こちらの新ブログに引っ越してきました。
過去の記事はあえて持ってきてませんので、旧ブログのプロフィールも含めて過去記事も読んでくれれば嬉しいです。

あまり、呟いていませんが、ツイッターもやっています。

よねのトレーダー歴は?

FXトレードは、2006年から始めましたので、もう10年トレーダーになりますね。
相場から9割は退場すると言われている世界で、よく生き残ったなと思います。

まあ、資産は全く増えていませんが。

この世界は、一回退場するぐらいの損失を出してから資産が増えていくというパターンが多いと感じるのですが、何度も負け続けても資産が増えていないという…。

ただ、ここ数年は年間のトータルではプラスになっています。

トレード収支は、以下の記事を読んでみてください。
2017年トレード収支

よねのFXトレードスタイルは?

トレードスタイルは、スイングトレードが中心です。

サラリーマンをやりながらの兼業トレーダーのため、常に相場やチャートを眺めることができないため、逆指値の注文を出しておいて、虎視眈々と狙った値まで待つというスタイルに行き着きました。

よねのトレードのパターンとして、

相場やチャートを眺める。

トレードしたくなる。

トレード回数が増え、だいたい負ける。

感情トレードで、敗けを重ねる。

メンタルがやられる。

このパターンを何度も繰り返したために、最近は相場をほとんど見ないようにしています。

最近はこの負のスパイラルから抜け出した感じなんですが、資産はあまり増えていません。

よねは給料以外の収入をFXで手に入れる?

よねのFXを始めたきっかけは、サラリーマンの給料とは別にちょっとした小遣いの足しになればと思って始めた。

最近は歳をとってきて、トレードが給料に変わりなる保険にもなるものだ考えている。

給与のほかに収入の柱となるものを持てれば、給与に依存することなく、会社に依存することもない。

給与以外の収入として、FXが最適だと思う。

その辺は、以下に詳しく書いています。

サラリーマンが副業FXで社畜から抜け出そう!

よねは仮想通貨にも手を出す

最近は仮想通貨にも手を出しています。
以下の記事に詳しく書いています。

仮想通貨投資!始め方やリスク、取引所を紹介

こちらは、トレードといっても、ほったらかし投資で、上がるまで待ち続けるという感じです。

まあ、なので記事にしにくいという。

よねは専業トレーダーにはならない?

トレードで勝てるようになったら専業トレードになるのかというと答えはノーです。

サラリーマンとは別な顔を持っていたいという思いがある。

そんなことを以下の記事に書いている。

サラリーマンと相場師の両A面人生。

最後に

「トレードはメンタル」が一番大切で、その次に資金管理、トレード手法と続くと考えています。

なので、本ブログもメンタルについてを多く書いていこうと思っています。

チャート分析は他のブログにお任せします。

また、「今トレード連勝中です」や「本日は○pips取りました」なんてトレード収支のブログは、自分で読んでもつまらないので、なるべく書かないようにしています。

最近はそんな記事しか書いてませんが。

まあ、「本日も利益をあげました」系のサイトは情報教材を売り付けるサイトだったりするんですが。

そもこも勝てるんだったら、トレードで利益が、出るんだから、教材売る必要ないし。

また、「トレードの考え方は人生の考え方と同じ」と考えているので、トレードばかりの記事よりも、生活とトレードを重ねて記事にしているブログが、自分は好きなので、その辺を意識して記事を書いています。

まあ、出来ているかは別の話ですが。

長くなりましたが、本ブログ『サラリーマンの相場道』をお気に入りに追加してもらえたら、嬉しいです。

これからも、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA