2016年のトレード振り返りと2017年のトレード目標

明けましておめでとうございます。
今年も『サラリーマンの相場道』をよろしくお願いします。

さて、今年の為替相場は始まっており、なかなか乱高下しているようですね。
1月のイメージは乱高下のイメージであり、いつも1月は相場に翻弄されるイメージ。

後で書きますが、よねの場合、トレード回数が多いと負けている場合が多い。
去年も1月はトレード回数が多くやられました。

今まではトレード回数が多くなっても、エントリーシグナルが点灯しているのだから仕方ないという理由でエントリーしていた気がする。

レンジブレイクを狙ったトレンドフォローのトレードであれば、トレンド発生はそんなに多くはないし、デイトレーダーではなくスイングトレーダーなので、エントリーがそんなに多くなるはずはないのだ。
相場の騙しにまんまと引っ掛かってるということになるのだろう。

トレード回数が多くなってきたら危険信号だと思って、今年はトレード回数を減らすように意識していきたいと思う。

2017年1月の口座状況

さて、2017年のスタートの口座状況はこんな感じ。

image

( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)

去年から資産がほとんど増えてない、、、

去年の目標は以下の記事に書いた。

2015年のトレード振り返りと2016年のトレード目標

今年のスタートは資産が倍になってスタートのはずだった。
かなりの下方修正だ。
まあ、良い。
億万長者になるのが一年遅れただけだ(笑)。

口座状況をみると、資産が去年から10%増加したということになる。

年10%の利益をあげるファンドはかなり優秀なファンドだと聞く。
そんな利益率であれば、お金を預ける人が殺到するファンドなのだそうだ。
 
よねの口座の種銭が少ないので、「なんだ数万の利益か」と思ってしまうかもしれないが、実は10%の利益率はかなりの成績なのだ。

まあ、何十年もその成績が続けば、ということになるのだが。

さて、アベノミクス相場下で16年のFXの成績が最悪だったらしい。

利益を上げた人は全体の37%にとどまり、3割以上の損失を抱えた人も22%いた12年11月のアベノミクス相場開始以降で最悪の1年だったことになる。

去年は難しい相場だったということになるのだろうか。

ということで、去年をプラスで、終わったトレーダーは優秀なのだ。

まあ、簡単な相場なんてないと思っているので、去年が特別難しい相場だったとは全く思わないけど。

いつも相場は難しい。
今年もきっと難しいのだろう。

2017年のトレード目標

image

トレード回数を一昨年から比べると昨年はまた増えて、トレード成績が悪化した。

2014年:116回
2015年:68回
2016年:111回

トレード回数が増えているということは、感情トレードを疑った方が良いし、虎視眈々と自分の狙った値まで待てていないのだと思う。

結果論になってしまうが、去年のトレード収支が12月でプラスに転換したということは、極端にいえば、12月のトレードだけで去年一年間のトレードの利益をあげられたということになる。

トレードすればするほど損していることになり、12月だけトレードすれば良かったという、なんとも悲しい結果になる。

ただ、トレード成績の数字には出てこない、メンタルやらトレード経験などは蓄積出来ているはずのなので、去年のトレードがほとんど意味がないとは言わないけれど、それにしてもねえ・・。

ということで、今年はトレード回数を減らすということを目標としたい。

まあ、そんな記事も毎回書いているんだけどね。

トレード回数を減らす方が良い?

あっ、今年も資産を倍にするのも目標でよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA