2016年8月のトレード成績 連敗続くも、、、

7月からの連敗が続いて、8月は一度も勝てなかった。
夏枯れ相場で、トレンドが起きないとスイングトレードでは利益を出すのは難しい。
相場に焦れてトレードして、結果、損失を出していたら何にもならない。
そういう意味では、連敗中でも淡々とトレードして、感情トレードもせず、淡々と損切りできているのだから、良しとしなくちゃいけない。
正しいトレードを継続していれば、結果はついてくると思っている。
結果に焦れてはならない。
焦らされているのは、相場にトレーダーとして試されていると思った方がよい。
「待てる」がトレードでは大事な要素だ。
待てるようになれば、トレーダーとして次のステージに上がれたのだ。

8月のトレード成績と2016年の年間成績

《8月のトレード成績》
0勝3敗 -150pips

《2016年の年間成績》
1月 4勝14敗 -139pips
2月 4勝2敗 597pips
3月 0勝5敗3分  -250pips
4月 4勝7敗1分 292pips
5月 4勝11敗3分 -313pips
6月 1勝2敗1分 -50pips
7月 2勝9敗 -300pips
8月 0勝3敗 -150pips

トータル 19勝53敗8分 -213pips

8月は過去の連敗記録に並ぶ8連敗を記録した月となったが、そんなに焦ることはなかった。

そんなことでトレードがブレてはならないと強く思っていたし、目先の利益を追っても意味がないと思えるようになった。
この辺は大きな成長だろう。
以前は負けて損失分を早く取り返そうとして、損失を広げてしまうことがよくあつた。
まあ、そんなトレードをしていては、メンタルがやられているのだ。
そんなトレードでは勝てないし、勝てたとしても、必ずまた同じことを繰り返して、いつかは負ける。
それでは、いつまでたっても次のステージにはいけない。

連敗しても良い資金管理が大切だ

image

以前の記事には少し書いたが、9月はレンジブレイクでエントリー出来たので、連敗は、8でストップ出来た。
やはり、これぐらいの連敗でも耐えられるような資金管理はするべきだ。
これぐらいの連敗は想定して、資金管理はしなくては、タネがなくなって相場から退場になってしまったら反撃のチャンスもない。

やはり、トレードは相場とトレードが噛み合わないスランプはよくあるし、その状態でもメンタルがやられず、連敗中でも淡々と次のポジション保有出来るかだろう。

よねのトレードは連敗しても、トレンドに乗って、損切り分以上に大勝して、利益をあげるトレードだから、トレード勝率は低いのは覚悟している。

まあ、ある意味長く相場にいるからそんな状況に慣れたとも言える。
これからもトレードを続けようと思っているから、目先の利益ではなく、長いスパンでみて、「まあ、こんな連敗も相場に長くいれば、あることだ」と思えるようにもなったので、今回の連敗でもあんまり不安にならなかった。

とはいえ、この記事を書いている時点で連敗を止めて、利益をあげることができているから、書けることかもしれないですけど。

さて、今月から反撃のチャンス到来といきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA