2016年6月のトレード成績 勝てないトレード続く、、、

今年も半分過ぎてしまいましたね。
毎年「今年から勝つぞ」なんて意気込んでトレードするけど、何度もやらかしてしまう。
相場次第で自分がだけではどうしようもないところはあるとはいえ、トレードはメンタルがほとんどと思っているので、やらかしてしまうのは自分自身に原因がある。

自分を変えることはなかなか難しく、いまだにやらかしてしまっている。

まあ、やらかしてしまうのは誰もが通る相場道だと考えて、少しづつでも前に進んでいれば良いのだが、なかなかトレードの進歩は実感できるわけでもないので、不安になるものだ。
その不安な道を歩き続けたものが、勝てるトレーダーになるのだと信じて歩いて行きたい。

6月のトレード成績と2016年の年間成績

《6月のトレード成績》
1勝2敗1分 -50pips

《2016年の年間成績》
1月 4勝14敗 -139pips
2月 4勝2敗 597pips
3月 0勝5敗3分  -250pips
4月 4勝7敗1分 292pips
5月 4勝11敗3分 -313pips
6月 1勝2敗1分 -50pips

トータル 17勝41敗8分 137pips

6月はイギリスのEU離脱で大きく相場が動いた月だ。
その月にほとんど損失が出ていないのをさすがと言うべきか、それともあんなに大きく動いたのに全く利益を出していないのをダメとみるかだ。

6月は大きく動いた後はレンジ相場に入った感がある。
こういう相場はポジションはとりにくいので、トレードもしていない。
7月に入っても大きく動いていない。
つまらない相場が続いている感じだ。
こういう相場に焦れてポジションを持ってしまってはいけない。
こういう相場でも待てるようになってきたのは大きな進歩だろう。
レンジ相場がずっと続くわけではないので、それまではじっと待つとしょう。
そんな休むも相場の期間が大事だ。
年間通してレンジ相場が一番長いのだから。

伝説のトレーダー集団タートルズも相場が動かないときは卓球をしていた?

今は相場が動かないから、どうもトレードにたいしてモチベーションが上がらない。
でもそれで良いのだろう。

伝説のトレーダー集団タートルズも相場が動かない暇なときは卓球をしていたらしい。
トレードなんてそんなもんです。

むしろそんな時間が大切な気がする。
やみくもにトレードするのではなく、チャンスを待って自分のトレードをするということだろう。

まあ、ずっとレンジ相場ってことはないのだから、それまで卓球でもしていましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA