2016年4月のトレード成績 プラスではあるが・・・

いやー、日銀の金融緩和の期待上げから、まさかの何もなしというサプライズでドル円大きく下落し、前回書いた記事にもあったゴールデンウィーク為替相場はアノマリーに見事にはまって円高になっている。

ゴールデン・ウィーク(GW)為替相場

4月のトレード成績と2016年の年間成績

《4月のトレード成績》
4勝7敗1分 292pips

《2016年の年間成績》
1月 4勝14敗 -139pips
2月 4勝2敗 597pips
3月 0勝5敗3分  -250pips
4月 4勝7敗1分 292pips

トータル 12勝28敗4分 500pips

トレードの勝ち負けでいったら4月はプラスではあったのだが、自分には負けた感じのトレードが続いた。

よねのトレードスタイルでは普段は損切りが続くので、勝つときは損切り分を補うため、勝つときには出来るだけ利を伸ばさなくてはならない。

今回は、ドル円ショートポジションを保有していたのだが、ドル円の下落が続いていたのにそろそろ底だと判断し、リバウンドをビビって利確してしまった。
そのあとは皆さんのご存知のように大きなリバウンドもなく、ドル円は更なる下落に転じた。

為替相場はいきすぎるものだから、勝手にこれぐらいだと思ってもダメだし、底を自分で決めてはならない。

普段ブログに書いていることだし、思っていることが、いざその場面になったらできなかったことは、ほんと悔しい思いをした。
損失を出すより、利が伸ばせなかった自分にまだまだトレーダーとしての未熟さを感じた。

利益確定は底を確認してからで良い。
確かにそれだと利益が減る場合かもしれないが、リバウンドを恐れていては利を伸ばすことは出来ない。
4月はもっと利益が出てもおかしくなかった。
トレードはテクニカルではなく、資金管理、メンタルが重要だと今回も実感した月となった。

スワップの魔力

image

さて、よねは4月から5月にポジションを持ち越している。
もちろんドル円ショートだ。

この場面でのドル円ロングをする人は逆張りが好きな人で、FXトレードのセオリーであるトレンドフォローではないと自覚を持つべきだ。

為替相場はトレンドが続きやすく、行き過ぎることも多いし、逆張りは明確な損切りラインを決めないと勝てないだろう。

逆張りは決まると気持ち良いし、値幅も取れるので、印象に残るからほんと好きな人が多いのかもしれない。
今回のドル円下落でも落ちすぎだろうと逆張り的にロングしてしまう。 
トレンドではなく、値幅や値段で決めてしまう。

また、やってはいけないのは、逆張りでポジション持ったが、思惑と反対に相場が行ったときに、スワップがつくからなんて言い出して損切りしないパターン。

普段はスワップなんて意識してないくせに、損切りが嫌だから無理やり理由をつけて損切りしないをやってしまう。

スワップを意識するのは年単位でポジションを保有する場合だけだ。
それ以外は、スワップなんて少しの為替差損益ですぐにふっ飛んでしまう。

実はよねはスワップ狙いのポジションを保有している。
通貨はスワップ狙いの代表のランド円だ。
当然年単位の保有だ。
トレードがどうしても勝てなくて、スワップが絶対勝てると当時は考えたからだ。
今はスワップ狙いのポジションをどう思うかは・・・。
どこかで、またそんな話でも書ければ。

16 Comments

よね よね

サラリーマンは平日昼間に相場が見れるのは至福くのとき。
今日はGWで休み。
ここにちょくちょくコメント書いてみる。

返信する
よね よね

今のところポジションはみんな含み益だが、介入の噂で下げきらないですね。
まあ、先週からの直近安値更新で、まだショート有利ってところか。

返信する
よね よね

この展開。
相場を見てると含み益がみるみるなくなって手仕舞いしたくなる。
デイトレーダーはスイングよりメンタルが試されるね。

返信する
よね よね

じゃ、相場を見るなよってとこだよね。
やはり、相場は見てるといろいろ考えちゃうから、逆指値して、放置が結果は良くなるんだろうね。
みんなが嫌がるトレードこそがトレードの真髄か。

返信する
よね よね

いつもこんなに動かないの?
今朝はそこそこ動いてたので、今日は楽しめそうだったのに。
これじゃ、焦れてトレードしたくなっちゃうね。
デイトレは向かないな。

返信する
よね よね

ついに動き出したか。
やはり、東京市場はあまり相場が動くイメージないよね。
そう意味では株よりもFXはサラリーマン向けだね。
株だと仕事中気になっちゃうし。

返信する
よね よね

テクニカル通り、ユールドル上昇。
ドル円が底固い。
介入を恐れてか。
そろそろ下落するとみるが、どうだろうか。

返信する
よね よね

⤵攻めして、崩せないから今度は⤴か。
まあ、レンジってことだな。
ニューヨーク市場でどちらに行くのか。

返信する
よね よね

こういう上昇で、含み益がみるみる減ってるのを見て利確したら敗けなんだよな。
トレードはメンタル。

返信する
よね よね

ユールドルは順調にポジションが育ってきているが、ドル円はいまいち。
米国市場に期待したい。

返信する
よね よね

ドル売りだが、円高ではないようだ。
明日からの円高に期待したい。
終値によってはドル円ショートの手仕舞いを考えなきゃだな。
それにしてもユールドルはきれいな上昇トレンド形成ですね。

今回は新しい試みでした。
また、機会があればやってみたい。
今日はこれまで。

返信する
よね よね

終値みて、ドル円ショートを1ポジション残して、手仕舞い。
ユールドルのロングがあれからポジションが増えていた。
正直ドル円はこれからどうなるかわからない。
わからないから、ポジションは小さくした。
ユールドルは上昇トレンドだろう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA