2016年12月のトレード成績 今年最後はプラスに

まあ、年末相場ですね。
相場をみてもほとんど値動きないし、この時期にトレードはリスクしかないので、もうトレードはやりません。
ということで、今年最後のトレード収支報告です。

12月のトレード成績と2016年の年間成績

《12月のトレード成績》
4勝1敗1分 202pips

《2016年の年間成績》
1月 4勝14敗 -139pips
2月 4勝2敗 597pips
3月 0勝5敗3分  -250pips
4月 4勝7敗1分 292pips
5月 4勝11敗3分 -313pips
6月 1勝2敗1分 -50pips
7月 2勝9敗 -300pips
8月 0勝3敗 -150pips
9月 2勝7敗 -140pips
10月 3勝3敗 247pips
11月 3勝5敗2分 -49pips
12月 4勝1敗1分 202pips

トータル 31勝69敗11分 47pips

今年最後の月はプラスで終わることができた。
これで微増ながら2年連続プラスで終わることが出来たのはかなり大きい。
年間の総括やら来年の目標やらは次の記事で書くとして、とにかく今月をプラスで終えてホッとしている。

感情トレードを止めれば、資産は増殖していくはずだと確信しているけど、そのその感情トレードがなかなかやめられなかったりして、資産の増加は停滞中。

先月は感情トレードでマイナスになったわけだし、今月はそんなトレードをしないように心がけた。
まあ、いつも思っていることだし、値動きが激しいときにそんな感情がぶらされてのトレードなので、今月はそんなことにはならないと思ってはいたけれど。

結果、今月はエントリー出来なくても仕方ないと思っていたのだが、運も手伝ってプラスに出来たので素直に良かったと思う。
目標がかなり低くなっている気がするが、まあ良い。

今月のプラスで、年間トレード収支もプラスに転じた。
といってもたかだか数万ではあるが、プラスはプラスだ。
その差は大きい。

先月から今月にかけて、トランプ相場で資産を飛ばした人も多くいると思うが、やはりトレーダーで一番の要素は相場に生き残ることだ。
利益を出せなくても、種銭があればやり直しができる。

そういう意味で、今回も相場に生き残ったトレーダーは、利益が出ていなくても優秀なトレーダーなのだ。

相場に生き残っただけで、資産が増えてないかもしれないが、数値として表れていないだけで、メンタルなどが確実にレベルアップしているはずなのだ。

トレードを継続し、相場に生き残りさえすれば、いつかプラスに出来る。
マイルールに従い、トレードを淡々と継続していれば、いつかチャンスがまわってくる。

来年も一緒に相場道を歩いて行きましょう。
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA