相場観は人生観

それにしても相場が動いていない。
いつ大きく動くわからないから、相場はチェックして、エントリー注文もずいぶん前からは出しているが、約定していない。

毎日相場はチェックしているんだけど、いつみても同じ値じゃないかと思うぐらい、相場が動いていないね。
まあ、ドル円だけしかみていないので、ポンド円あたりはそれでも動いているのかもしれないが。

以前はそんな相場でも無理にエントリーして、利益を出そうとして、やられるパターンだったが、今は休むも相場で待てるようになった。
相場に焦らされて、根負けしてはいけない。
どんな相場でも取りにいこうとしてはいけない。
待つ時間が一番トレーダーとして、試される時間だろう。
どれだけ待てるかで、トータル収支が変わってくる。
それが、後でわかるんだよね。
「あの余計なトレードさえなければ、もっと利益が出たのに」と。

よねも待てなくて、トータルマイナスに転落したんだけどねorz

負けてるトレーダーのブログが好き?

それにしても、トレーダーは孤独だ。
トレードの話って、ブログではよく見るけど、会って話したことは、まわりでトレーダーがいないということもあって、あんまり記憶がない。

お金も絡む話なので、話す相手が大損しているなかで、勝って大きく儲けたなんて話はなかなかできないし。
逆に負けてるときであれば、共感できるので、話しやすいかもしれないけど。

あるブログでもトレードで勝った話ばかり書いていて、叩かれていたのをみたことがある。
「もう、今年分の目標額に達した」
「今の相場市況では、勝つのは簡単ですね」
なんて、負けてる人からみれば、そんなブログを読んだら、確かに勘にさわる人もいるだろうね。
よねもそんなブログを読んでいたけれど、あんまりその辺は気にならないタイプで、「みんなすごいな。自分も頑張ろう」と思える方だったから。

結局、叩かれてブログを続ける意味がないと思ったのか、そのブログは閉鎖されてしまって、好きなブログだったのに残念でした。

そういう意味では、よねの今の状況では、このブログは共感が得られるかもしれない。
今年のトータル収支は、先月でマイナスに転落したのだから。
トレードで負けてる人の方が多いのだから、やはり負けてるブログの方が共感は持てるかもしれない(笑)。
まあ、参考になるかどうかは別の話だけど。
「負けから学ぶことの方が多い」とよく言われることだし、「人の振り見て我が振り直せ」という言葉もあるしね。

相場と人生は同じ?

image

誰かと会って、トレードの話をすことがほとんどないので、相場のブログを読むのはトレードでよくある話が書いてあると共感できるので、楽しかったりする。

けれども、前にも書いたかもしれないが、ブログでよくあるテクニカル的な記事はあまり興味がわかない。
チャートの画像を引っ張り出して、
「このチャート上で下がったときに、エントリーして・・・」
なんて、丁寧に解説してくれているブログもあるけれど、全くもって興味がわかない。

そんなトレードで利益が出ましたなんて、本人のトレード記録として意味があるだけで、他人にはあまり有益な情報ではない。

トレード手法なんて、人の数だけあり、トレードは手法よりもメンタルだと思っているから。

まあ、初心者のときは参考にしていたこもしれない。
ただ、あんまり意味ないことに気がついたのかもしれない。

とはいえ、よねは勝ってないトレーダーなので、「そんなのだから、負けてるのだろうね」なんて言われたら、何も言えないんだけどね。

トレードの考え方は、人生の考え方だから、そんなテクニカル的な話よりもトレードの考え方やさらには人生の考え方が書いてあるブログが楽しい。

そういう意味では、トレードと全く関係ない話で良いのだ。
実はトレードに関係ないような話でも、繋がっているからだ。
トレードと関係ない話をトレードに絡めて書いてくれるブログなら、すごく良いブログだ。
すぐにでもお気に入りにしてしまう。

とまあ、なんの話を書きたかったわからなくなってしまったけど、そんなテクニカル的な話やトレードで儲けたや損した話ではなくて、今後も相場と人生を絡めてブログを書いていければなあという話でした。

そんなブログに共感し、「サラリーマンの相場道」をお気に入りにいれてもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA