トレード連敗中に思うこと

今月もトレードと相場が噛み合わない。
今のところ先月からトレード7連敗中。

もともと勝率が良いトレードスタイルではないけれど、負け混むとさすがにへこむ。
救いはそんな状況でも敗けを取り替えそうという感情がわかないところだろうか。
だんだんそのへんのメンタルが強くなってきた気がする。
正しいトレードを続けていれば、結果は後からついてくると信じたい。
連敗中も相場に従い、淡々とトレードを心がけたいところ。

相場で連敗はつきもの?

振り替えれば過去にも連敗はしてきた。
あのときどうだったかの考えてみても何も思い出せない。
喉元すぎれば、なんちゃらですっかり忘れてしまうんだね。
毎回あんな思いをしたくないからと決意するものの忘れてしまう。

さて、よねは連敗中のなか、今回こそ連敗ストップのトレードにしたいんだけど、相場師として、ブロガーとして、尊敬するブログの記事を読んでいると39連敗もしたことがあるような記事があった。

まじか~。
よねは今あらためて連敗を数えてみたが、ほぼ同値撤退も含めて8連敗中だった。
相場師として、それぐらいの連敗じゃ、まだまだだった(笑)。
やはり連敗中は、トレードのやり方が相場市場に合わなくなってきたのか、トレードの手法を変えようかなどいろいろ悩んだようだ。
そうだよね。
8連敗で凹んでるのに39連敗って…。
かなりのメンタルじゃないとやっていけない。
結局40連敗目にならず、利益をあげたようだけど、40回目のトレードの一歩を踏み出せて良かったとあった。
今は何十年も毎年利益をあげているようなので、相場道の道のりは長くて険しいことがわかる。

相場で連敗はつきもの?
:旧・サラリーマンの相場道

過去にもあったわ、8連敗が。
すっかり風化していたわ。
あのときも連敗でも諦めずにトレードするぞと決意したはずだが、すっかり忘れてしまっている。

でも無駄ではないと思う。
決意しては裏切り、裏切られ、決意する前となんら変わらないようにみえる。
でもみえるだけで、少しずつ変わっている。
「あっ、あのときと同じだ。」と何らかの気付きが生まれるように思う。

人は決意してから急に劇的に変わるものではない。
少しずつ変わっていくものだ。

何にも変わっていないようで、決意してから少しずつ変わっている。

だから、そこで何も変わらないって諦めてはダメだ。
人は見た目に成果が出ないと諦めてはしまう。
だけど、変わられる一歩手前かもしれない。
後もう少しで変われるのにというところの一歩手前で諦めてしまうものなのだ。

答えはないのはトレードも人生も同じ

image

連敗中に次のトレードの一歩が踏み出せるか。
連敗中だからとトレードしないという理由にはならない。
相場はそんな連敗中なんて知ったことかだろう。
相場に従う。
淡々とトレードする。
にも反する。
例え連敗中でもエントリーポイントが来れば、トレードするべきなのだ。
連敗中だから、トレードを控え、結果
ポジション持っていれば、勝てたのにと思うのが嫌だ。

とはいえ、連敗しているということは今の相場と自分のトレードが噛み合っていないのだから、少しトレードから距離を置くのも大切だったりするから、トレードは難しい。

決まった正解がない。
思い込みや拘りではなく、柔軟に対応する必要がある。
まさに人生とおんなじだ。

すぐに答えを求めようとするのは悪い癖だ。
正解を探そうとしている時点で不正解なのだろう。

相場道は長い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA