トレードには胆力が必要だ

ドル円大きく下げてますね。
チャート的には黒三兵だったので、下げそうではあったけど、年末相場ということもあり、手を出さなかったけれど。
うーん、ちょっと悔しいですね。
もう少しチャートに素直でもよかったかな。
難しい相場とよく言うけれど、トレーダーが難しくしているだけなのかもしれないですね。

さて、最近まで豪ドル円のショートで勝負していましたが、豪ドル円もドル円同様下げてますね。
今思えば、豪ドル円ショートのポジション継続だけで、良かったんですね。
ポジション保有していれば、昨日の損切りもなかったかもしれない。
トレードでタラレバは厳禁というけれど。
やはりリスクをとらないとリターンは得られないのか。
勇気をもって、信念もって、ブログや掲示板などの雑念を取り払いトレードしなければダメなのかもしれないですね。
そんなメンタルを持ち合わせなければ、FXでは勝ち組になれないのかもしれない。

相場は誰にもわからないのだから、他人の予想はあてにならない。
為替の公演をしているプロでも当たらないのだから。
だからこそ、相場についていき、淡々とトレードしなければならない。
自分の思惑通りじゃなかったら、損切りなのだ。

まあ、こんな感じに過去を振り返って、相場の値動きの結果がわかったから言えることなので、結果論ではあるのだが、それを言い訳にするのもね。
そんなのは結果論と終わらすだけでは進歩がない。
今回は仕方がないが、次回は今回の反省を生かしたトレードが出来ないとね。

やはり、よねのトレードスタイルではトレード回数を多くすると自滅する傾向にある気がする。
ボジションを保有し続ける胆力が必要だ。

たんりょく【胆力】
事にあたって、恐れたり、尻ごみしたりしない精神力。ものに動じない気力。きもったま。
goo辞書

ここで言うボジション保有し続けるは、利益が出ている状態での利を伸ばすということ。
ボジションの損失が出ているのに、損が拡大しているのに保有し続けるという意味ではないですよ。
自分の思惑通りではなかったら、損切りは鉄則です。

改めて意味を調べると胆力が必要なのはトレードだけではないですね。
胆力なんて、普段あまり聞かない言葉だが。
トレードは人の生き方と同じ。
ここでもそう思う。
トレードにはメンタルが大事なんてよくいうけれど、そのなかにこの胆力が含まれるね。

いやー、胆力を身に付けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA