仮想通貨はガチホで良い?

仮想通貨はバブル状態で、ビットコインは2017年は約15倍、イーサリアムは2017年は90倍以上になっています。

これをバブルではないと言う人もいますが、これはバブルでしょう。

靴磨きの少年の話ではないですが、仮想通貨の言葉がいろんなところで聞くようになってきたので、今の状況はバブルが弾ける兆候が出ているとも言えます。
ウォール街の靴磨きの少年の話は為替相場も

2018年はどうなるでしょうか。
バブルはいつかは弾けます。
それがいつになるかはわからない。
1年後かもしれないし、この状態が数年続くかもしれない。
それは、誰にもわからないことです。

そういう意味で、仮想通貨投資は余剰金で投資したほうが良いです。
ガチホなら損切りはないですからね。
為替相場ではスワップ狙いのガチホで、アベノミクスの前の円高でみんな相場からいなくなってしまいましたから。

バブルである仮想通貨は、来年にはどんな価格になっているかわかりません。
今の価格からさらに何十倍になって、貴重な記録になるかもしれません。
その可能性は十分にあると思っています。

そこで、2018年の始めの記録として本記事を残しておきたいと思います。

ガチホとは?

今のバブルに乗っかって、2017年から仮想通貨投資を始めています。

以下の記事を参照。
参考仮想通貨投資!始め方やリスク、取引所を紹介

といっても、売買は全くしていなくて、買ったらそのまま放置しているだけ。
いわゆるガチホと呼ばれていることをやっているだけです。

ガチホってなに?って言う人もいるかもしれないですね。

仮想通貨は「ガチホが最強」なんて言われたりするんだけど、ガチホって、「ガッチリホールド」、「ガチガチでホールド」、「ガチで保有」なのかなと思っていたんですが、
ガチホとは、ガチでホールド

が正しいらしいです。

トレーダーとしては全く面白くない投資なんだけど(投資に面白さを求めたら、ギャンブルになってしまって負けることが多い)、今のバブルの状態なので、買って放置しておくのが、一番良い方法ではあると思います。

ガチホの仮想通貨口座状況

さて、そんな 2万から始めてます。 ガチホで5倍以上になりました。

やはりバブルですね。
去年末に3万を増資して原資は5万になっています。
今は約15万になっているので、原資から3倍になっている状態から2018年はスタートになります。

image

注意しなければならないのは、含み益ってことですね。
仮想通貨相場は値動きが激しいので、一気にマイナスっていうことがありえます。
FXトレードの場合は含み益は全く考慮しないんですが、仮想通貨はガチホなため、含み益で語るしかないんですよね。 仮想通貨は税の法整備がまだまだなため、利確すると税金が大きく取られます。
そういう意味でも、仮想通貨は買ったら放置のガチホがやはり有利です。
ということで、数年は保持するつもりで、利確定せずに資金を追加しか考えていません。
仮想通貨の戦略は、暴落時に仕込んで、ひたすら放置です。 そういう意味では、テクニカルも何もなく面白くない投資になります。

仮想通貨はガチホのはずが、、、

投資にタラレバはダメなんですが、どうしても言いたくなります。

実は口座を2つに分けて、1つはは先程紹介したビットフライヤーで、もうひとつの口座でリップルを保持していたんですが、リップルが暴騰する前の26円あたりで、すべて利確定してしまったんですよね。 その2日後には100円以上になりました。
それからもどんどん上昇して、ピーク時には400円まで上昇してます。 今は200円前半ですが、それでも10倍です。

底で買って、天井で売るのはFXトレードを長くやっていれば不可能だと気づくんですが、それでも悔しいですね。

仮想通貨は相場のスピードが早いため、こんなことが、よく起こっています。

仮想通貨はテクニカルというより、ファンダメンタルズの要素が大きいように感じます。

どこそこで対象の仮想通貨が採用されたなんてニュースで飛びはねたりする。
為替相場に比べ、市場の参加者が小さいためにそんなふうな値動きになるんでしょうね。

仮想通貨はファンダメンタルズ。

でもそんな情報はほとんどの投資家には得られないから、やはりガチホするしかないんでしょうね。

最後に

仮想通貨の業者はまだまだ発展途上のため、サーバーやらセキュリティ上、まだまだ問題が多いです。

仮想通貨は簡単にいえば電子マネーのような性質上、ハッカーにも狙われやすく、通貨が盗まれたって言う話もよく聞きます。

各社のサーバーがまだまだ弱いため、相場の値動きが激しいとサーバーがダウンしたりして、売買できなくなったりしています。

そんな状況なため、リスク分散という観点からも口座をいくつか開いていろいろ試しています。

まさに、FXの初期の状況に似ていますね。
当時も沢山口座を開いて、どの業者が良いか試したのが思い出されます。

たくさんの仮想通貨の業者が登場してきていますが、いろいろググって調べてみても今のところ以下の3業者が飛び抜けていると思います。

他のブロガーさんたちも同じ見解のようです。 迷ったらとりあえず、今から紹介する業者で間違いないかと。

ただし、口座を開くにはある程度時間がかかるので、暴落しているのに買いたいのに買えないってならないようにあらかじめ口座を開いておくことをおすすめします。

Zaifなんて今年始めに申し込んで、8日営業日で承認のハガキがきました。
これでも早い方なのかもしれません。

まず、すぐに口座を開きたいなら、ビットフライヤーがおすすめ。

他の口座の場合、承認がものすごく遅い。
暴落してるので、今買いたいのに口座がないというときには、ここの口座が良いかと。
といっても他の業者よりは早いっていうだけですが。
よねは2、3日で承認のハガキがきました。

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

マイナーなアルトコインを買いたいならコインチェックがおすすめ。

ここはスマホのアプリが一番使いやすい。
口座を開かなくてもチャートをみるためだけにアプリを入れるのも良いと思います。

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

口座開設に時間がかかりますが、一番安く買えるのでZaifは人気があります。
ただし、サーバーがよくダウンするという話が気になりますが。

Zaif

追記

(2018/02/13)
この記事を書いてから仮想通貨は暴落しました。
もともと年単位で保有を考えているので、1月に買い増ししています。

ビットフライヤーの原資が5万→10万になっています。

仮想通貨を始めたのも早かったこともあり、まだプラスです。
ビットコインの価格は20万ぐらいでしたから(今は暴落から戻して100万ぐらいか)。

とりあえず、ガチホで2、3年後を待ちたいと思います。

追記2

(2021/02/15)

ビットコインが過去高値を更新しました。

そのタイミングでほとんどのコインを売りました。

前回買いましした記事を書いたのもちょうど3年前なんですね。

売ったコインはほとんどが、イーサリアムでしたが、イーサリアムも過去高値を更新しています。

売るきっかけは、妻が「ビットコインが上がってるみたいよ」と言われたからです。

この記事の最初に靴磨きの少年の話を記載しましたが、また、ビットコインが下がるのではないかと思ったのです。

利益は原資の2倍以上も出てますし、この機会を逃すとガチホが続いてしまうと考えました。

ビットコインはFXと比べると手軽さにかける印象です。

取引所から盗まれたり凍結されたり、最近はあまり聞きませんが、変なところで気を付けなければならない印象がまだあります。

二段階認証などセキュリティを厳しくする必要があり、慣れなのかもしれませんが、ガチホだけに、今回取引するのもすっかり二段階認証のやり方などを忘れてたいたり、どうも面倒でした。
FXでは、そこまでのセキュリティを気にする必要がありません。

全てのビットコインを手仕舞いしようと思ったのですが、実は記事にもしていなかったのですが、ネム(NEM)を5万円分購入してガチホしていました。

ネム(NEM)は、シンボル(Symbol)と分かれるなど最近知りました。ガチホだからチャートも見ないし、ニュースも気にしませんから。

ネム(NEM)を持っているとシンボル(Symbol)をもらえるらしいので、そのタイミングで上昇するかもしれませんし、こちらは、まだマイナスとあって、もう少しガチホしようと思います。

ビットコインで億り人とは言わないでも、数百万ぐらいを期待していましたが、この原資では、マイナーなコインを選ばないと難しいそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA