2018年2月のトレード成績

2月も大きな強いトレンドが起きることもなく、3月に突入。
2月はドル円下落で100円台にのせるかと思いましたが、結局止まってレンジ相場に。
3月は100円台にのせなかったのて、ドル円上昇するとみていたけれど、今は下落していますね。
やはり相場予想は当たりません。

相場は下落でも上昇でも別にどちらでも良いんですけどね。

そのスタンスが大事。
トレードの予想は意味ないし、予想通りになる必要も実はない。

予想通りになれば、利益を伸ばせば良いし、予想通りにならなかったら損切りするだけ。

初心者はまずその思考がわからない。
だから、ネットの予想に飛び付くし。
相場はわからんと腹が立つ。

そうなんですよ。
相場は予想通りにならないのが、普通なんですよ。
そう思うだけで、腹も立たなくなるし、トレードはその思考でのぞまないとダメです。

まず、そんな思考になっているっていうのであれば、あなたは初心者ステージから抜け出していますよ。

2月のトレード成績と2018年の年間成績

《2月のトレード成績》

2月 1勝2敗1分 -50pips

《2018年の年間成績》

1月 2勝1敗1分 50pips

2月 1勝2敗1分 -50pips

トータル 3勝3敗2分 0pips

今年に入って、完全に相場と引き分け状態。
年間通して序盤はマイナスのスタートが多いので、良い傾向なのか?

今のところ強い大きなトレンドは起きていない。
なんとなく去年からの流れが続いている感じ。

ここは耐える時期ですね。
ずっとレンジ相場が続かないことは、歴史が物語っています。

突然相場が動くことも歴史からわかっているので、ここはじっとトレンドが発生するのを待つしかないですね。


相場との我慢比べ

まあ、我慢してるという思考になっている時点でトレーダーとしては、まだまだなんですが。

トレードは機械作業でつまらない?

最近はトレードが機械作業になってきていてつまらない。
大きく相場が動かないのもその原因なんだろうけど。

とはいえ、ワククしてトレードしている時点でダメなんでしょうね。

「トレードは機械作業でつまらない」

そんな話を勝っているトレーダーから聞いたことがある。
最終的にはそんな域に達するのだそうだ。

まあ、理にかなっている気がする。
トレードが面白いと感じている時点で感情トレードになっているのだろう。

よねもそんな機械作業のトレード思考になってきているので、次のステージに上がったのかもしれない。

以前はチャートを眺めているだけで楽しかった。
為替の掲示板の予想をみて、自分の予想と照らし合わせて楽しんでいたしね。

その反面トレード成績はいまいちだった気がする。

まあ、今でも為替の話を話すの楽しいけどね。
そんな話が出来るの人は少ないし、やはりトレーダーは孤独ですね。

ただし、そんな他人の話を参考にしたり、あてにしたり、自分のトレードが変わることはないですね。

トレードの調子が悪かったりすると、そんな情報にすがったりする人もいるかもしれないけど、トレードの答えは自分自身のなかにあると確信しています。

トレードの答えは過去の自分であり、もっというとトレード記録に答えはある

他人のトレード成績やトレード手法なんて気にしてはいけないです。

10年以上もトレードして気がついたことの一つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA